知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol502 ◆◇◆ 
==========================================================
「ようミュラー。だいぶ変わったな。
  髪は白くなったし、ヒゲも生えてる。それに太ってしまったな」
 「でも、私はミュラーじゃないです」
 「名前も変わったのか」
                      (ジョーク集より)

==========================================================    敢えて二兎を追う
 
1.エラそうに言いますと、
 大変化の時代のリーダーの優先順位は、
 既存ビジネスの深化と新規ビジネスの開拓を同時にやることです。
 (新規の戦略を間違えると未来は、ありませんしね。)
 王手飛車取りの欲張り戦略ですね。
 私はヘボ将棋でしたから、王より飛車をかわいがって
 よく笑われました。(笑)

2.『両利きの経営ー「二兎を追う」戦略が未来を切り開く』
 (チャールズ・A・オライリー、マイケル・L・タッシュマン著 
東洋経済新報社)
 おもしろい本です。
 イノベーションに乗り遅れた、共通の要因が、
 「リーダーの失敗」だと言います。
 言うは易しですが、未来を創る戦略に失敗すると、
 明日がないのも事実です。

                 
                  ほんごうでした。


制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.