知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol503 ◆◇◆ 
==========================================================
無駄金
 
芋を洗うような縁日の市で、野次馬が一つの器械に目を留めた。
 その器械にこんなポスターが貼られていた。
 『あなたは一日で一財産作れるだろうか?
  結果を知るために10ユーロ紙幣をここに挿入してください。』
 男が所定の場所に紙幣を入れると、紙切れが一枚出てきた。
 そこにはこんなことが記されていた。
 『残念でした。こんなくだらないことにお金を使っている限り、
  財産は作れません。』
                      (ジョーク集より)

========================================================== ◆  成熟化社会のビジネス
 1.まだ新興国モデル?
 日本の経営者の大半は、まだ、高度成長、新興国モデルです。
 自分のことを考えても、
 少子高齢化で、すでに成熟国になっているにも関わらず、
 私の体は新興国モデルで、つい数を追うんですね。
 これでは、儲からないし、ダメだと分かっていてもです。
 (バカだなーと思いつつ)(笑)

2.先進国(成熟国)モデルとは?
 「イノベーションを起こして、世の中の問題を解決する
  高付加価値の商品、サービスを生み出し、
  小人数で少ない労働時間でも稼ぎだすモデル」
 (ネスレ日本CEO 高岡浩三氏 『THE21』 2019/4/13)
 着手少局、まず、やらないとね。

                       ほんごうでした


制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.