知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol505 ◆◇◆ 
==========================================================
「君たち若者はこれから二次会に突入だろ。
  ま、楽しくやりたまえ。
  俺はここらで失礼するよ。あ、吉田君、コレ。」
 「え、何っすか、部長?(期待)」
 「これで良いモノ食って来なさい。」
 そう言って部長は割り箸を手渡した。
                (ジョーク集より)
 ==========================================================  ハードが強く、ソフトも強く

1.身長の大きい選手が、俊敏な動きをするスポーツを見ますと、
 「柔よく剛を制す」が、死語になるんじゃないかと思います。
 身体能力の強い選手(ハード面)に、俊敏さ(ソフト面)を付加しますと、
 無敵になります。
 「大男総身に知恵が回りかね」これも死語ですね。(笑)

2.デジタル革命は、大男(大規模法人)を俊敏にします。
 すると大会社は、ハード面も強い、ソフト面も強い会社になります。
 そうなりますと、中小の付け入る隙が、小さくなります。
 中小の生き残りをどうするのか、私自身の課題でもあるんですね。
 このままでは、中小は危ないですよね。
                   
 ほんごうでした。

制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.