知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol506 ◆◇◆ 
==========================================================
 ある男がウェディングパーティのスピーチをした。
 彼は新郎とは登山仲間だったこともあり、
 雪山のテントで夜を過ごした話などをした。
 スピーチの途中で客がざわめきだしたが、彼はスピーチを続けた。
 すると見かねた友人が耳打ちした。
 「おい、お前さっきから“新郎”と“新婦”を言い間違えているぞ」
 客のざわめきの理由が分かった男は取り乱すことなく言った。
 「みなさん、失礼いたしました。
  私が一緒に寝たのは新郎のほうです」
                      (ジョーク集より)
==========================================================  ◆  たそがれ日本
1.日本の給料 落日あらわに 「部長クラスは上海も日本を逆転」
 (『NIKKEI BUSINESS』2019/04/22)
 こんな記事がありました。
 会計業界でも、米国の給料は日本の1.5倍です。
 これでは、世界で勝てませんよね。
2.一番大事なのはこの現状を認識すること。
 「会社は10年経つと市役所になる、30年経つとお公家さんになる」
 と言われています。
 (昔ある市役所主催のセミナーでこんな話をし、
 市役所の人にエラク叱られた記憶がありますが。(笑))
 でも、一番怖いのは、こんな現状を知らず、
 日本が一番と思っていることです。
 「日本はすごい」と思っている人は、結構いますものね。
                       ほんごうでした。
 追)最近の雨は、激しいです。
  「しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん~」
  「子連れ狼」は、死語になるかな?

制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.