知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.511 ◆◇◆ 
=========================================================
ピストル強盗

 ピストル強盗にあった郵便局の女性職員が警官に言った。
 「私が一番頭に来たことがあります。
 それは、私を縛り上げ、金を盗んだあとで、二人の犯人が
 『さあ、ずらかろうか。ここにはもう頂戴するものはない』
 と言ったことです。」
 =========================================================  ◆  100-1=0
 
1.これは、弊社のコンプラ担当のヘッドが教えてくれました。
 コンプラ、ガバナンス違反は、一蓮托生です。
 「築城10年落城1日」
 築城100年でも落城1日の時代です。
 人間は、頭で理解しても、ハラオチには、時間がかかります。
 ましてや企業文化を変えるとなると、尚更、大変です。

2.新規事業という病 (『NIKKEI BUSINESS』 2019/6/24)
 新しいことのやりすぎはよくない。
 儲からず、本業までむしばむ。
 こんな記事を見て、過去のメモを思い出しました。

3.祖業を忘れた多角化は必ず失敗する
  経営者は多角化を図る場合、自分の会社の幹がなんであるか、
  よく考えるべきである。
  幹がしっかりしていない限り、どんなに枝葉を育てようとも、
  育つわけがないのである。
  
私はかつて、“怪物”と異名をとった、一代の英雄ともいうべ  
  き東京急行電鉄の創業者、五島慶太に、
  その晩年、会ったことがある。
  そのとき五島が「東急がこれからどんなに発展していこうが、
  東急の祖業は電車だ」「東横線の電車が、きちんと無事故で、
  きれいで、心地良く運転されていることが大切なんだ。
  だから東急グループの中心は電車なんだよ」といったことが、
  昨日のように思い出される。
  この思想は、五島昇にも継承されている。
  だから東急事業のメッカは、東京急行電鉄なのである。
  東急電鉄の社長が、グループの全体を統括するのである。
  したがって、東横線を見れば、東急グループの活動ぶりが
  わかるのである。 (出典不明)
 
  やはり、祖業は、その会社のDNAですものね。

           

制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.