知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.527 ◆◇◆ 
=========================================================
ホントについてない時
 絶望した男がいた。
 会社は倒産、おまけに交通事故に遭って
 大けがまでさせられてしまった。
 この男が友達に告白した。
 「俺に残された道はただ一つ。死ぬしかない。」
 「バカなことをいうな!いつも心に太陽をだ!
 ほら、太陽は輝き、鳥は歌っている。上をむいて歩け!」
 そう言われて、男は渋々まぶしそうに空を見上げた。
 するとその瞬間、上空を飛んでいた鳥が糞をした。
 その糞がもろに男の口の中に入ってしまった。
 手の甲で口を拭いながら、男はいまいましそうにつぶやいた。
 「時には、こんな風にプレゼントをもらうのも嬉しいもんだな」
                     (ジョーク集より)
=========================================================◆  したたかさ
1.中国は、ロシアとパイプラインを開通させました。
 それで、米国からの天然ガスの輸入のヘッジが出来ます。

2.ファーウェイは、米国からの部品調達を原則国産に切り替えています。 その中に、日本の村田製作所が入っていました。

3.ユニクロは、第二の生産拠点をベトナムに大々的に展開しています。
 中国リスクの回避です。

4.先週は、タフさでした。今週は、したたかさです。
 経営には、したたかさも不可欠です。 すごいなー、
 
私はかなわないなと、感心するだけですが。(笑)

制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.