知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
簡単に作成「ドールハウスとは」

ドールハウスとは、16世紀にヨーロッパで始まり、当初は貴族や富裕層の
方々が自分の屋敷のミニチュアを作らせ楽しんでいた。
また子供の教育のためにも用いられていました。

1924年イギリス「メアリー女王のドールハウス」=(1500名のアーチストが3年の歳月をかけたDollHouseを制作した)の制作にあた り1フィートをインチに換算して作られた事から以降12分の1サイズに統一されるようになりました。

18世紀末ごろから一般にも普及し始め、19世紀半ばには庶民の家やお店がドールハウスとして普及し始めました。

日本でも「雛飾り」など生活にまつわるミニチュアが作られていました。

呼び名も現在では「ドールハウス」に統一されていますがこれは米語でです。
英語ではドールとハウスの間にSが入ります。
海外ではミニチュアハウス、ベビーハウスと呼ばれていたこともあります。
日本ではドールハウスと呼んでいます。
元日本的な似合う呼び方が見つけられるといいです。
ドールハウスの楽しみ方は色々です。 集めて楽しむ方、作って楽しむ方、両方楽しむ方、観て楽しむ方。 それぞれに違う楽しみ方がありますが、すべての方々に夢を与えてくれるのです。
またドールハウスは手芸の集大成であり、総合芸術でもあります。 クオリティーの高いものは観る人の心を引き付けます。
精密で忠実に縮尺した家具や小物達は目を見張るほどにに感心させられる ものです。 精密さが欠けていてもそこに人の温かみを感じたり、感動を与えられる そんなドールハウスもあります。 ドールハウスは人々に夢を与えられる事ができるのです。
作者は創りながら夢を感じ夢を見て、感性と技術を学びそれらを表現して行きます。 ドールハウス制作には無限大の技術を要します、作家達はそれらを時間をかけて 学び習得しているのです。 人々が生活するすべてを創り表現するために
1/12の世界に夢を求め魅了されているのです。                     

          日本ドールハウス協会会長 相澤和子

制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.