知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

┌┬───────────────────────────2017年6月
├┼┐
│└┼┐  資産家のための資産税ニュース 第66号
│ └┼┐
└──┴┴────── 辻・本郷 税理士法人 http://www.ht-tax.or.jp/

辻・本郷 税理士法人の資産税の専門家が
相続・贈与税、資産にかかわる最新の情報をお届けする
「資産家のための資産税ニュース」 毎月15日配信です。
(※15日が休日の際は、前営業日に配信いたします)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ■□ 海外不動産投資はお得? ■□
           (このコラムは40秒で読めます)
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 富裕層の方を中心に、海外不動産投資がよく話題に挙がります。
日本の不動産市場とは違った魅力はありますが
今回は税務面から考えてみましょう。

(1) 日本では中古物件の建物価格は年数の経過により低くなりますが、海外不動産は中古物件でも建物価格が高いことも多いです。
 →中古物件でも比較的建物の割合が高い

(2) 建物価格が高く、かつ中古物件のため、減価償却費を多く計上できます。
 →償却期間は法定耐用年数経過後の木造アパートで4年、鉄筋コンクリートのマンションで9年のため早期償却が可能
 →減価償却費の計上で不動産所得が減少
  (高所得者の場合、取得税・住民税合わせて税率は55.945%)

(3) 5年超経過後に、仮に購入金額と同じ金額で売却できた場合、長期譲渡に該当すれば、償却済み金額相当は譲渡所得として20.315%の分離課税の対象です
 →減価償却では総合課税のマイナスとして所得が減少しますが、
売却時は分離課税

 現状では、以上のように減価償却を利用した税金対策がとれてしまいますが、
昨年、会計検査院が公表した検査報告
「国外に所在する中古の建物に係る所得税法上の減価償却について」において
問題が指摘されており、今後の税制改正の可能性が高まっています。

 また、所有者の相続時には、海外不動産は路線価や固定資産税評価額による評価は使えず、あくまで相続時の時価で評価しなくてはならないため、
いわゆる相続税対策にはなりません。
 税務面のみならず、やはり純投資の視点で海外不動産を検討する必要がありそうです。

                        (担当:税理士 鈴木淳)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■辻・本郷 税理士法人
http://www.ht-tax.or.jp/
■本メールマガジンに関するお問合せ先
発行責任者:楮原 達也
連絡先:03-5323-3608
Eメール:shokei@ht-tax.or.jp
受付:辻・本郷 事業承継法人部
(c)HONGO・TSUJI TAX & CONSULTING ALL Rights Reserved 

制作協力企業

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.