知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        Vol.029 2016/10/28

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         


        浜田かずゆき の
        『ぶっちゃけ話はここだけで』

         

        【今週の目次】

         

        1.金権女王ヒラリーは世界を一層不安定化させる!

         

        2.音速で移動する超高速列車にヒトは耐えられるだろうか?

         

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        1.金権女王ヒラリーは世界を一層不安定化させる!

         

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        ぶっちゃけ、アメリカの大統領には世界平和を期待できないね。

         

        ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領は「核兵器のない世界を目指す」と大見得を切ってたけど、実際やったのは1兆ドルの予算をつけ、核兵器の小型化と精密化を後押ししただけの話。

         

        現在、アメリカでは大統領選挙が最終コーナーを迎え、ヒラリー・クリントンが王手をかけたといわれている。

        オバマ大統領は投票日まで毎日テレビコマーシャルに登場し、「ヒラリーを宜しく」と宣伝中さ。

         

        アメリカ初の女性大統領と目されるヒラリー。

         

        ぶっちゃけ、期待より心配が先に立つね。

        何しろ、ヒラリーは「お金に目がない」ことで海外では超有名な存在。

        彼女が国務長官に就任した結果、アメリカが武器の供与を行う国は20ヵ国に急増したっている事実は知っているかな。

        その金額たるや、1650億ドル。

        問題は、アメリカの武器を提供した企業から、事前にクリントン財団に多額の献金が行われていたことだね。

        その上、国防総省が行った16ヵ国への武器の供与にも彼女は関与していて、その額は1510億ドルに達したというね。

         

        自らが夫と共に立ち上げた財団を隠れ蓑に使い、国内外から多額な寄付を集めた才覚は天才的だな。

        言うまでもなく、アメリカにとって、「戦争こそ最大のビジネス」というのは歴史的にも証明されているからね。

         

        彼女が大統領になれば、シリア問題をきっかけにロシアとの戦争も現実味を帯びてくることになりそうだ。

        今回3回行われたトランプとのテレビ討論会で、彼女が最も頻繁に取り上げたテーマはロシアとプーチンだったからね。

         

        実は、彼女はモロッコのモハンマド6世からは1200億ドルもの献金を受けていたことが、先週、ウィキリークスの情報で明らかになったばかり。

        同国王が彼女に会うために、これほど多額の献金を行ったとすれば、当選後の彼女が何らかの見返りを約束したことを推測させるに余りあるね。

         

        こうした金権体質の彼女が大統領になれば、世界が一層不安定化することは避けられないよ。

        桑原桑原!

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        2.音速で移動する超高速列車にヒトは耐えられるだろうか?

         

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        ぶっちゃけ、すごい超スピードで人や物を運ぶ「ハイパーループ」の実現が間近に迫ってきたね。

         

        日本が世界に誇る新幹線も比較にならないだろうな。

         

        何しろ、ほぼ音速に近いスピードで突っ走る近未来の運搬手段だもの。

         

        世界の大富豪に名前を連ねているイーロン・マスクが2013年に構想を発表して以来、世界中の投資家が関心を寄せてきたのが、この「ハイパーループ・ワン」さ。

         

        当初、2年前には1億6000万ドルで研究が始まった。

         

        最近では、ドバイの「DPワールド・グループ」が新たな投資家として名乗りを上げたね。

         

        このグループは世界最大の港湾ターミナルの運営会社として知られている。

         

        まずは自らの会社で、この超高速運輸手段を導入しようという考えのようだね。

         

        ドバイのジェベル・アリ港から水揚げされた荷物を内陸部にあるコンテナーセンターに高速で移動させるという計画さ。

         

        2017年の第一四半期には、実験線が完成するというスピードぶり。

         

        既にアメリカのラスベガスの郊外では、実用に向けての実験が進んでおり、世界の注目が寄せられている。

         

        ウーバーからは、財務の担当者が加わり、グーグルが立ち上げた新会社アルファベットで会計責任者を務めていた凄腕責任者が経営陣に加わることになったらしいね。

         

        そうした財務の専門家を引き入れることで、「ハイパーループ・ワン」は新たに5000億ドルを調達することに成功した模様。

         

        実は、水面下ではロシアや中国も、この超高速移動手段には並々ならぬ関心を寄せているというんだ。

         

        中国が進めるアジアとヨーロッパをつなぐ「一帯一路」計画やロシアの進めるヨーロッパ部と極東方面を結ぶ東西一体化プランにも欠かせない運搬手段として期待が高まっているわけだね。

         

        とはいえ、コンテナの移動に問題はなさそうだけど、生身の人間が時速2000キロ近い超スピードで移動することに果たして耐えられるのかね。

         

        少なくとも、旅を楽しむという贅沢は味わえないだろうな。

         

        ★発行元 : 浜田和幸(はまだかずゆき)
        ★公式HP:http://www.hamadakazuyuki.com
        ★Blog : http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki

        ★Twitter : https://twitter.com/hamada_kazuyuki
        ★Facebook:https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
        ★掲載されているコンテンツの無断転載を禁じます。

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.