知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        Vol.036 2016/12/16

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         


        浜田かずゆき の
        『ぶっちゃけ話はここだけで』

         

        【今週の目次】

         

        1.天才的な交渉人プーチンの寝技と科学技術力

         

        2.利益相反の女王になるか、トランプ次期大統領の娘イバンカ

         

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        1.天才的な交渉人プーチンの寝技と科学技術力

         

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        ぶっちゃけ、ロシアの大統領は大した寝業師だね。

         

        柔道黒帯で和食が大好物という親日家を演出し、安倍総理の心を鷲づかみにしてしまったものさ。

        今回の山口県と東京での首脳会談を入れれば、実に17回も安倍総理はプーチン大統領と会っているんだぜ。

         

        それだけ「信頼できる相手」と安倍総理に言わせながら、肝心の北方領土問題になると、日本の要求には応じようとせず、「先ずは良好な雰囲気が必要だ」なんて、日本から技術と資金をせしめようと、あの手この手を繰り出す策士だね。

        真面目な安倍総理や岸田外務大臣はいいように弄ばれているとしか言いようがないね。

         

        日本側が領土問題でロシアが譲歩しなければ、制裁解除も資金協力も簡単にはいかないと言えば、すかさず「なら中国と手を組むかな。

        ロシアと中国は40年かけて国境問題を平和的に解決したことを知ってるだろう 今やロシアにとって最大のパートナーは中国さ」と切り返す。

         

        どうやら日本はロシアの底力を理解していないようだね。

        何しろ、ロシアはプーチンの時代になり、科学技術の分野で世界を圧倒する成果を次々と打ち立てているんだから。

         

        安倍総理がロシア向けに8項目の経済技術協力プランを自信たっぷりに提唱しているけど、ロシアの専門家に言わせれば「あの程度のプランならどうってことない」ということらしいね。

         

        実は、プーチン大統領は「国家技術開発計画2035」を進めており、日本の想像をはるかに超えたスピードで社会のデジタル化と自動化を図っているんだな。

        新興企業の代名詞ともなっているUlmartやQIWIはアマゾンを抜く勢いで世界標準化を実現してるほどさ。

         

        2035年までには「国内の製造や流通網の95%を無人化する」との目標を掲げ、バイオ、医療、教育、流通、資源開発の分野で「第4次産業革命」を起こすと豪語し、国家予算をどんどん投入しているんだ。

         

        世界平均の倍以上のスピードでモバイル競争に勝ち抜くインフラを整備しているロシア。

         

        テレポーテーション(瞬間移動)技術では世界1というからね。

         

        ぶっちゃけ、日本の資金や技術を提供すれば、ロシアは領土問題で譲歩するはず、との思い込みは捨てないとだめさ。

         

        ロシアの科学技術やベンチャー起業家の動きをもっと真剣にフォローする必要があるね。

         

         

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        2.利益相反の女王になるか、トランプ次期大統領の娘イバンカ

         

        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         

        何かと話題に事欠かないアメリカの次期大統領トランプ氏。

        このところ新たに急浮上しているのが娘イバンカの言動だね。

         

        ぶっちゃけ、前代未聞の連続さ。

         

        きっかけは安倍総理がトランプ氏をニューヨークのトランプ・タワーに訪ねた時のこと。

        外国の指導者との初顔合わせとして世界に注目を集めた安倍・トランプ会談の場にしっかり同席していたんだな。

         

        外交官でも政策アドバイザーでもない、彼女がなぜ日本の総理との会談に同席したのか、アメリカでは大きな注目と批判を浴びることになったね。

        というのは、彼女は自分の名前を冠にした高級ブランドのファッションや宝飾品を内外に販売していて、近く日本の大手アパレルメーカーと独占販売の契約を結ぶ交渉をしていたからさ。

        父親の次期大統領が進出先の日本の最高指導者と会う場に同席することで、圧倒的に有利な条件で対日進出をまとめる上げることになったというわけだね。

         

        これは明らかに公的立場を利用した利益誘導ということになりかねない話。

        しかも、その後、イバンカは「私と2人だけでお茶を飲みたい方に45分間の時間を作ります。希望する方は入札をお願いします」と派手な公開入札を始めたから、びっくりだね。

        彼女を通じて次期大統領にアクセスしたいとの下心見え見えの御仁から続々と申し込みが来ているとのこと。

        これまでの最高額は日本円で250万円だって。

        ところが、父親譲りで強気の彼女の反応は「最低500万円じゃなくっちゃダメよ」。

         

        彼女に言わせれば、「こうして集めたお金は自分の財団が管理するので、私的に使うわけじゃありません。世の役に立つ目的で使うので、どんどん高い値段で私の時間を買って頂戴」ということらしい。

         

        この父にして、この娘あり、ということだけど、ぶっちゃけ、余りの金銭至上主義には空恐ろしさを感じるね。

         

        ★発行元 : 浜田和幸(はまだかずゆき)
        ★公式HP:http://www.hamadakazuyuki.com
        ★Blog : http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki

        ★Twitter : https://twitter.com/hamada_kazuyuki
        ★Facebook:https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
        ★掲載されているコンテンツの無断転載を禁じます。

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.