知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        *私自身の評価を☆にしました。☆5つが満点です。(★は☆の1/2)

         

        2020/08/03「海辺の映画館 キネマの玉手箱☆☆☆☆

        映像の魔術師大林宣彦監督が故郷尾道で撮影したファンタジーエンターテインメント。83歳の名匠は本作が遺作となった。物語は戦争を通して日本の歴史を描き、3人の若者が映画の世界へ移動、現実と映像の世界は戦争の悲劇を繰り返さないための反戦メッセージと映画愛が織り込まれた痛快な作品。メインキャストの男女7人は厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦の若手男性陣と成海璃子、山崎紘菜、映画デビューの吉田玲、お姉さん格の常盤貴子の女性陣にまじり、小林稔侍、武田鉄矢、片岡鶴太郎、稲垣吾郎、浅野忠信、犬塚弘等が大林監督の映画愛と平和の願いに共感して出演している。3時間の長編だが、ぜひ鑑賞して欲しい作品。

         

        2020/08/07「ジョーンの秘密」☆☆☆★

        名女優ジュディ・デンチが2000年5月にスパイ容疑で逮捕された老女を演じる。英国史上、最も意外なスパイと言われた実話から生まれた映画。デンチは逮捕された時の苦悩、クライマックスでのスピーチ等は、デンチならではの見事な演技力で表現している。回想シーンで若き日のジョーンを演じるのは「キングスマン」シリーズで人気を獲得したソフィー・クックソン。ジョーンはケンブリッジ大学で物理を学び、第2次世界大戦中に核爆弾の開発プロジェクトに参加していた。ヒロシマの惨劇を知ったジョーンは核開発の遅れているソ蓮に情報を流すことを決意する、祖国への裏切りよりも東西バランスにより、二度と核の使えない世界に貢献できると信じて。心理サスペンスの秀作である。

         

        2020/08/10「剣の舞 わが心の旋律」☆☆★

        名曲「剣の舞」、日本では運動会の徒競走を盛り上げる時に使う曲として誰もが聞いた事のある曲と思う。作曲はソビエトでプロコフィエフ、ショスタコーヴィチと並び3大巨匠と言われるアラム・ハチャトゥリアン。この曲は僅か8時間で作曲されたという伝説の名曲と言われている。この曲の誕生秘話の実話をベースに作られた物語である。ハチャトゥリアンの弟子ゲオルギー、バレエ団のプリマドンナ・サーシャ、文化省の責任者プシュコフという架空のキャラクターも登場させいるが、この人間関係の描き方が希薄である。一例をあげるとアラムにおもいを寄せるサーシャがプシュコフの部屋から出て来るシーンがある。アルムのために自らを犠牲にしてプシュコフと関係したわけだが、アラムとプシュコフ、アラムとサーシャの関係も描き切れてない。架空のkyラクターを設定したなら、もう少しこの3人の関係を掘り下げるべきであろう。また、クライマックスの「剣の舞」のシーンは短く中途半端である。この曲は3分にも満たない短い曲なのだから、すべてを聞かせて欲しかった。せっかくの題材の良さがシナリオが未熟のため退屈な映画となってしまった。

         

        2020/08/12「」☆☆☆☆

        8月21日公開作品を12日の先行上映で鑑賞した。上映前からの話題作であり、楽しみにしていた期待が満足できるものだった。物語は平成元年生まれの主人公が13歳で初恋に落ちた相手を守り切れず離れ離れになり、8年後親友の結婚式で再会するが、それぞれの途を歩んでいた。さらに10年後の平成最後の年、運命の糸は二人を結びつける。18年の愛の軌跡は若手演技派の菅田将暉と小松菜奈の二人が主演。主人公の人生に大きく係わるそれぞれの相手役に榮倉奈々と齋藤工が演じている。監督は「64-ロクヨンー」「楽園」等の名匠瀬々敬久、素晴らしいSTAFFとCASTによって中島みゆきの名曲が映像化された。必見の作品。今月は「海辺の映画館」「糸」という日本映画の秀作を続けて鑑賞出来た事は映画ファンへのお中元かもしれない。

        2020/08/13「プラド美術館 驚異のコレクション」☆☆★

        スペイン王国の歴代の王室が収集した美術品を一同に集めたプラド美術館が200周年を迎えた。これを記念して名優ジェレミー・アイアンズがナビゲータを務めるドキュメンタリーが本作である。残念ながら絵画の説明がほとんどなく。映し出される絵画もゆっくり鑑賞が出来ない。解説の大部分はスペイン帝国の躍進という美術品収集時の歴史的背景。絵画ファンには期待外れの退屈な映画。

         

        2020/08/14「思い、思われ、ふり、ふられ」☆☆☆

        伝説的少女コミック「ストロボ・エッジ」「アオハライド」の咲坂伊緒、青春三部作の最終章が本作。来月にはアニメ版も公開される。今回は高校の同級生4人がお互いの悩み、夢を求めながら題名の“思い思われふりふられ”も体験しながら成長していく姿を描いた青春映画。今月は秀作の日本映画2作を観たため評価が厳しくなったが、若い人たちにか歓迎される良質で面白い作品である。主人公の4人は「君の膵臓をたべたい」の浜辺美波と北村匠海に売出し中の福本莉子、赤楚衛二。素晴らしいカルテットだ。

         

        2020/08/15「弱虫ペダル」☆☆☆

        昨日に引き続き若者向けの青春映画を観た。こちらの原作もコミックで少年チャンピオンの連載もの。友達のいない小野田坂道が唯一の趣味のアニメ研究会に入部して友人を作ろうとするが、部員不足で休部。ひょんなことからアニ研入りをかけて自転車競走をすることになるが敗退するが、走る楽しさを知る。ここからはスポ根ドラマのノリ。ロードレースシーンを見ていると自分が走っている錯覚におちいる。勝利のゴールシーンも昔テレビで見ていた「青春とは何だ!」を思い出す。映画の芸術性など何にもないが、スポ根ドラマの爽やかさを感じる。主人公坂道役は関西ジャニーズ出身の永瀬康、同級生の自転車競技部の仲間に若手人気俳優の伊藤健太郎、マネージャー役のヒロインで橋本環奈が出演。

        2020/08/16「ポルトガル、夏の終わりに」☆☆☆☆

        アイラ・サックス監督がイザベル・ユペールのために書き下ろした家族の愛のドラマ。大女優フランキーは死期を悟り、ポルトガルの避暑地シントラに家族を集める。フランキーは皆が問題なく暮らせるように自分の思い描く人生を与えようとするが、子供たちには、それぞれの思いがある。元夫のミッシェルからは「優しくなれ、君が世界の中心じゃない」と言われる。フランキーは、山頂で家族を集めていたが、登って来る夫ジミーと息子の結婚相手と家族以外で呼び寄せたアイリーンの二人の姿を見た時にミッシェルの言葉が蘇ったようだった。地味な人間ドラマで玄人好みの映画と思えるが、イザベル・ユペールの脇を固めるのはブレンダン・グリーソン、マリサ・トメイ、ジェレミー・レニエ等の実力派揃いの演技陣なので内容が地味でも見ごたえはある。もう1つの見どころは幻想的な森、美しい街並みと海岸で、英国の詩人バイロンがこの世のエデンと例えたシントラだ。さすがに世界遺産で、その美しさを見るだけでも価値がある。

         

        山猫は眠らない8 暗殺者の終幕」☆☆☆

        トム・ベレンジャーが凄腕のスナイパーを演じるシリーズ最新作。8作目というが、私自身初めて見る作品。新作を記念して8月13日と14日ニシリーズ6作目、7作目がTV放映されたが、昼間のため仕事で見ることができなかった。主人公の狙撃手は4作目以降はトム・ベレンジャー演じるトーマス・ベケットからチャド・マイケル・コリンズ演じる息子のブランドン・ベケットになっており、今回はブランドンが罠にはまり、中米の外務大臣の殺害犯にされる。国家安全保障局のゼロと引退した父親の協力を得て汚名を晴らすアクション・エンターテインメントである。役者がトム以外は2流なのでVIDEO鑑賞でもいいかもしれない。敵役の凄腕スナイパーに日本人俳優秋元才加(元AKB48)が起用されている。ラストシーンのゼロとの会話は次回出演がある感じで、ブランドンのチームに加わり、活躍する姿を期待したい。

        2020/08/19「ファヒム パリが見た奇跡」☆☆☆★

        僅か8歳で故郷バングラデシュを父親と二人でフランスに亡命したファヒムの物語。故郷でチェスの天才少年と言われたファヒムは、トップコーチのシルヴァンと出会い地方予選を勝ち抜き、フランス大会に出場する。小さな子供が自身の才能で未来を切り開いた感動の実話の映画化。ファヒムを演じるアサド・アーメッドも撮影3カ月前にバングラデシュからフランスに移住したばかり。自身の体験とオーバラップする主人公を見事に演じた。コーチ役はフランスの名優ジェラール・ドバルデューが演じて、画面を引き締めている。この作品の唯一のマイナスはチェスの勝負場面の緊迫感がない。いい映画だが素晴らしい映画になれなかった要因だ。

         

        2020/08/20「この世の果て、数多の終焉」☆☆☆

        ベトナム戦争を描いた名作は「地獄の黙示録」「ディア・ハンター」

        「プラトーン」等があるが、本作は第2次世界大戦末期でフランス

        領インドシナと言われ、ベトナム人民がフランスと日本軍の二重

        支配を受けていたころが舞台。無残な殺され方をした兄の復讐を

        執念として、ジャングルでベトナム解放軍と戦うフランス兵士ロベールが主人公、残虐な殺され方のシーンもあり、残酷な戦争映画といえる。終盤の作家の家にロベールの心惹かれたベトナム人娼婦マイの姿がある。そして、赤ん坊の姿。ギヨーム・ニクルー監督の伝えたかった事は何だったのか?難解な作品だが、ロベール役のギャスパー・ウリエルの熱演と作家役のジェラール・ドパルデューの渋い演技は評価出来る。

         

        2020/08/22「きっと、またあえる」☆☆☆★

        名門ポンペイ工科大学の学生寮を舞台にした友情物語は20数年後に危機に陥った友を救う為、友人たちが集まって来る。笑いと涙のヒューマン・エンターテインメントはインド映画の得意とする分野。最高に面白い。主役のアニ役スシャント・シン・ラージプートは残念ながら本年6月没。合掌。

        2020/08/23「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」☆☆☆★

        ガリ勉優等生二人組は名門大学に進学決定だが、パーティー三昧の同級生たちもハイレベルな大学に進学。モリーとエイミーは勉強一筋の自分たちにショック。卒業前夜に思いきり遊ぶ事をしようとパーティー会場に向かう。新鮮味のある一夜限りの青春コメディ。女優オリヴィア・ワイルドの監督デビュー作。監督の手腕もすばらしいが、エイミー役のケイトリトン・デヴァーとモリー役のビニー・フェルドスタインの絶妙なコンビネーションはみもの。

         

        2020/08/28「シチリアーノ 裏切りの美学」☆☆☆☆★

        1980年代のマフィア抗争、組織に忠誠を誓った男ブシェッタは“血の掟”を破りファルコーネ判事に告白を決意する。歴史的大裁判に発展した事件をイタリアの巨匠マルコ・ベロッキオが映画化する。

        ブシェッタが所属する組織パレルモ派と対立するリイナはコルレオーネ派、コルレオーネの名前で気づく方もいると思う。名作「ゴッドファーザー」の主人公である。つまり、ブシェッタ所属の組織は反コルレオーネで負け組となる。そのため親友カロがコルレオーネに寝返り、二人の息子が殺される事になる。ブシェッタがファルコーネ判事に味方する事になったのは、このような血の粛清に嫌気がさしたと思える。主人公を演じたピエルフランチェスコ・ファビーノは入念な役作りでダヴィッド・ディ・ドナテロ賞(伊アカデミー賞)主演男優賞を獲得した。本作は2019年度の伊アカデミー賞6部門を獲得した傑作である。

         

        2020/08/29「オフィシャル・シークレット」☆☆☆☆

        2003年のイラク戦争開戦前に英米政府の違法な工作活動をリークした記事が載った。違法な戦争により、国民を死から救うという正義感は公務秘密法違反で逮捕、起訴されることになる。実話に基づく社会派サスペンスの秀作。主人公キャサリン・ガンにはキーラ・ナトレイ、政府権力に立ち向かう新聞記者にマット・スミス、名優レイフ・ファインズが弁護士役で重厚な演技を見せている。

        グッバイ、リチャード」☆☆☆★

        余命6カ月を宣告された大学教授。残された時間を悔いなく過ごすために授業も生き方も変えて、新たな生き方を始める。主人公の大学教授に個性派のカリスマ俳優ジョニー・デップ、「パイレーツ・カリビアン」のようなヒーロー役ではなく等身大の中年を演じている。不倫中の芸術家の妻にローズマリー・デウィット、親友ピーターにダニー・ヒューストン、女子学生にゾーイ・ドゥイッチ等の演技派が脇を固めている。大人の人生応援コメディとして楽しめる作品。

         

        2020/08/30「青くて痛くて脆い」☆☆☆

        「君の膵臓をたべたい」の作家・住野よるが描いた新しい青春ストーリー。大学生楓は周囲から浮いている秋好と知り合い、“世界を変える”“戦争を失くす“の大目標をかかえたサークル”モアイ“を作る。二人だけのモアイが消え、楓の朋友秋好がいなくなった時、モアイに居場所がなくなった楓はモアイ奪還計画を企てる。楓役に吉沢亮、秋好に杉咲花が演じる。「キミスイ」の価値観を壊す作品と作者が言った、すれ違いの心を描く異色青春ラブストリー。

         

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.