知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        ソムリエの追言  76
        「ボルドーワインの名声を高めた歴史的結婚? 」 
        ________________________________________
        時は12世紀半ば、フランスは修道士になりたがったほど敬虔で真面目なカペー朝ルイ7世によって統治されていました。 
        といっても、シャンパーニュ地方とその近辺のごく一部の地域です。
        その妻であったボルドー地方のアキテーヌ公女エレオノールの領有地はルイの3倍、現在のフランスの4分の1の面積を有するものでした。 
        
        さて、敬虔王ルイに対しエレオノールは奔放な性格。
        二人の性格はやはり合わず、離婚。
        なんと3ヵ月後にエレオノールは11歳も年下(!)のアンジュー伯アンリと恋に落ち、電撃婚したのです。
        そして2年後、アンジュー伯アンリはイングランド王をも継承し、 
        プランタジネット朝の始祖となるヘンリー2世に即位しました。 
        まさに棚からぼたもち。 
        エレオノールにおいてはフランス王妃の後、イングランド王妃となり、2つの王朝の王妃を経験した稀有な存在です。 
        
        この結婚によって、フランス国王の臣下でもあるイングランド王
        ヘンリー2世は南はピレネーから北はスコットランドに接するまでの広大な領土を治めることになり、 
        ボルドーのワインはイギリスに広がっていくことになりました。 
        それまで不味いワインを飲んでいたイングランド人は、
        ボルドーのワインに大喜びしたといいます。 
        
        ボルドーのネゴシアン=ワイン商は国王により税金を免除され、 
        アングロ=サクソンが好きだったクレーレ(クラレット)と呼ばれる当時のボルドーワインが大量にイギリスに供給されたからです。 
        この歴史的結婚がボルドーのワインの名声を高めるのに一役買ってくれたのです。 
        
        ヘンリー2世とエレオノールは8名もの子供をもうけましたが、 
        イギリスとフランスの広大な領地を見るヘンリー2世とエレオノールは別居が多く、後離婚。 
        父母両陣営に分裂した子供を巻き込んでの王位継承の確執を引き起こしました。 
        
        最終的には二人の愛が冷めた頃に生まれ、 
        父であるヘンリー2世に溺愛されたジョンがプランタジネット朝を継ぎましたが、彼は失政王・失地王として有名です。 
        なぜならイングランドにおける大陸の領土をことごとく失ったからです。 
        ほかにも目の当てられないような失政は数知れず。 
        ジョン王の後、ジョン王2世・3世が出てこないことからもその
        愚業が察せられます。 
        
        ただし、ボルドーに関しては、商品を手厚く優遇した大恩人といえるでしょう。 
        ボルドー商品に特権を与えて、ボルドー以外の地域のワインの
        11月と12月の出荷と販売を禁止しました。 
        ワインと引き換えにイギリスからは織物、食料品や金属資源が入り、ボルドーはますます栄えていったのです。 
        
        ブルゴーニュやシャンパーニュ地方のワインを愛するフランス王に対して、エレオノールやヘンリー2世はボルドーとロワールの
        ワインを愛飲していたのです。 
        カペー朝のシャンパーニュ、アキテーヌ公のボルドーと南西地域、アンジュー伯のロワール。 
        どれもワインの産地ばかり。
        フランスの歴史とワインの深いつながりを感じざるをえません。 
        
        エレオノールはルイ7世とヘンリー2世との間に合計10人の子供をもうけ、70歳になっても息子達のことで各地を奔走。 
        84歳まで生きました。ものすごいバイタリティです。 
        まさに歴史の影の主役である女傑といえます。  
        
        ボルドーをイギリスへ広告してくれたヘンリー2世とエレオノールに乾杯! 
        
        道上の追記:
        Guillaume le conquerant (ウイリアム1世)ノルマンディー公(1027~1087)は
        イギリスを攻めイギリスを領土にしイギリスでフランス語を強要したと伝えられている。
        世界の貴族上流階級でフランス語が使われる習慣はこの頃から始まりました。 
        当時イギリスでは豚(pig)は食べなかったのが
        フランスの食習慣からイギリスでは食事で豚をフランス語のポークと呼ぶように成りました。
        フランス語のgrapeグラップ(英語読みでグレープ)が 
        ドーバー海峡を渡ると乾燥して 干しぶどうに、今でもイギリスでは 干しぶどうをフランス語のレーズン(raisinフランス語のレーザン)と呼びます。
        以前にも、ワインは陶器の入れ物に入れられ馬車で運ぶものだから
        割れ易く陸路よりも水路によって発達しましたと書きましたが
        この頃からボルドーワインはイギリス経由で世界に普及されるきっかけをつかんだのです。
        だから未だにフランスよりもイギリス、ニューヨークで買ったほうが高級品は安い場合が多いと挙述しました。 
        
        

        
        【 道上 雄峰 】
        幼年時代フランス・ボルドーで育つ。 
        当時日本のワインが余りにもコストパフォーマンスが悪く憤りを感じ、自身での輸入販売を開始。
        ==================================================
        ■配信者情報
        ==================================================
        ※ 当サイト・メルマガに掲載されている全ての内容 (画像、文章、動画など)は 
        すべてMICHIGAMIワインの財産であり、著作権法で保護されています。
        これらすべての無断転載・無断複製・模倣を禁じます。
        
        
        MICHIGAMIワイン通販サイト
        http://www.michigami.com/
        運営:道上商事株式会社 
        〒105-0001
        東京都港区虎ノ門3-8-26 巴町アネックス5階
        TEL:03-5473-0607
        FAX:03-5470-9787
        wine@michigami.com
        


        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.