知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        八百春は追い詰められていた。
        激しい喧嘩の後であろうことを伺わせる部屋、鳴り止まない電話、テーブルの上に山と積まれた督促状、五十嵐は全てを諦めたかのように電話線を引きちぎった、そのタイミングでバイトの咲が五十嵐の先輩、戸塚を連れて戻って来た。一人ではどうにもならないと思い、助っ人を頼んだのである。
        どうしたんだ、五十嵐・・・、戸塚の問いにフミが答える。
        どうしたもこうしたもない、中国に狂って、山のような借金を作っていたというのである。
        もう、終わりだよ・・・、五十嵐はただ一言、ため息混じりに呟くのだった。全てを失っちまった・・・。

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.