知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        夜になり、昨日のお礼も兼ねてと、劉が八百春を訪れると、屈も八百春にやって来ていた。
        五十嵐は笑顔で出迎えてくれ、劉と屈に夕飯を振る舞ってはくれるのだが、何となく雰囲気がおかしい。
        笑顔なのは五十嵐だけなのである。
        フミや五十嵐の娘、バイトの男、それに五十嵐の先輩だという男にも笑顔はない。
        屈にはその理由が痛いほどよくわかっていた。
        五十嵐が私財を投げ打ってまで自分たちを支援してくれたせいで、経済的に追い込まれているのだ。
        それだけではない、親友の為に街金から借金までしてくれた。
        そしてその親友が金を返さないまま、どこかへと消えてしまったのである。
         
        五十嵐さん、申し訳ありません!
        食事の手を止めて、屈が突然頭を下げる。
        劉には何のことだかよくわからない。

        そんな屈を五十嵐は屈託のない笑顔で慰める。
        屈さんが悪いんじゃない。
        誰が悪い訳でもない。
        屈は涙を流しながら、いつか必ず出世して恩返しをします、と言うのだった。
        五十嵐はそんな屈を見て、かつて同じことを言った男がいたなぁと、かつて
        日本にいた除振華という中国人留学生を思い出すのだった。

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.