知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        寮のベッドに横になりながら除の日記を読む劉。
        日記には五十嵐に対する感謝、そしていつか必ず中国は世界の経済大国へと発展する、自分はその礎になり、出世して必ず五十嵐さんに恩返しをしたいと書かれてあった。
        日記を途中で閉じ、この同じ部屋にかつて除という人間がいて、色々なことがあったのだと想いを馳せる劉。
        すると屈が部屋にやって来る。
        劉はもうすぐここを出なければならないことを知るのだった。
        寮では学生たちが集まって話し合いが行われた。
        何とか立ち退かなくても済む方法はないだろうか? 
        しかし答えは見つからない。
        こんな時に学生たちが一番に思い出すのが五十嵐だった。
        五十嵐さんだったら何とかしてくれるんじゃないだろうか?
         
        誰ともなく、そんな意見が出始める。それに猛反対したのが屈だった。
        もう五十嵐さんは充分にやってくれた。
        これ以上迷惑を掛ける訳にはいかない、と言うのである。
        結局大家さんに直談判しに行くことになるのだが、むげに追い返されてしまうのだった。
        引っ越すと言っても日本の家賃は高い。
        中国人に貸したがらない所も多い。
        五十嵐に頼るべきではないとは言ったものの、屈たちは追い詰められていた。
        部屋に戻り、買ったばかりのノートを開く劉。
        先輩、私たちは追い詰められています。
        こんな時、先輩だったらどうしますか?と、日記帳に書く劉。
        何か良いアイディアはないものかと考えるが、何しろ日本に来たばかりである。アイディアどころか、日本がどういう国なのかもまだあまり分かっていない。
        結局ベッドに横になり、何かヒントはないだろうかと除の日記を再び開くのだった。

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.