知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        ┏◆◇━2021年3月━◇◆

        ◆┛

        ┃    経営者のための 事業承継ミニ情報 ◇第60号◇

        ◆┓

        ┗◆◇━━━━━━━━━◆◇━辻・本郷 税理士法人━◇◆┛

         

        会社の経営権である株式を、後継者にどう承継すれば良いのか?

        その際に、どんな点に気を付ければ良いのか、

        承継の際の税金について、どう取り扱えば良いのか?

        そんな疑問の解決に役立つ情報を、毎月1回配信いたします。

        このミニ情報をご覧いただき、円滑で、そして税務上も有利な事業承継対策を

        実現していきましょう。

         

        ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

         

        最近の事業承継の動向は?

         

        ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

        今月上旬に、日本商工会議所より「事業承継と事業再編・統合の実態に関する

        アンケート」の調査結果が公表されました。

         

        【1】後継者問題

        経営者は、概ね60歳代から後継者を決定している傾向にあり、経営者の年齢が60歳以上の企業で後継者が決定している割合は、前回調査(3年前)と比べ

        多少増加し、約半数には届いているものの、それでも全体の約2割は後継者

        不在(見込みも立っていない。) の状況にあるようです。

        好業績にも関わらず、後継者がいないことにより廃業となるケースが、

        今もなお、懸念されています。

         

        【2】事業承継の課題

         

        事業承継にあたっての課題・障害として「後継者への株式の譲渡」が最も多くを占め、続いて、後継者の教育や、債務保証等の引継ぎなどが挙げられています。

        さらに、株式の承継については、「相続税・贈与税が高い」・「後継者に株式

        買取資金がない」など、税金・資金面での課題が事業承継の障害となっていることが伺えます。

         

        【3】コロナ禍の影響等

        コロナ禍の影響により売上減となっている企業ほど、事業承継を後ろ倒しにする傾向にあるようです。

        一方、社長就任後10年未満の企業と、就任後30年以上の企業とを比較してみると、前者の企業の方が、コロナ禍においても新たな販路開拓など、環境変化への対応が進んでおり、業績も向上している(コロナ禍においては赤字の割合が低い)傾向にあります。

        事業承継を通じて、経営の活性化にも繋がっているといえるようです。

         

        <法人版 事業承継税制【特例措置】>

        2018年度税制改正において、中小企業の事業承継を後押しするために、

        贈与税・相続税の全額が猶予される特例措置が10年間の限定で設けられています。

        この制度を受けるためには、2023年3月31日までに、特例承継計画を

        都道府県に提出し、確認を受ける必要がありますが、その提出期限も残すところ2年となりました。

        (実際の株式承継の期限は、2027年12月31日まで)

        事業承継税制は、納税の猶予となりますが、事業承継時の納税負担を軽減する

        という意味で大きな効果があります。ただし、適用には制限もあるため、

        この制度が最適な企業もあれば、他の方法による事業承継が望ましい場合もあります。

        事業承継を行うには、準備や時間が必要です。時限措置である事業承継税制の

        提出期限がみえてきたこの機会に、事業承継の課題について、改めて検討してみてください。

         

        事業承継税制の適用可否の判断等については、担当者にご相談ください。

        (担当:市川 賀奈子)

         

         

        ■辻・本郷 税理士法人

        http://www.ht-tax.or.jp/

        ■本メールマガジンに関するお問合せ先

        発行責任者:楮原 達也

        連絡先:03-5323-3608

        Eメール:shokei@ht-tax.or.jp

        受付:辻・本郷 事業承継法人部

        (c)HONGO・TSUJI TAX & CONSULTING ALL Rights Reserved

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.