知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        伊方原発3号機(愛媛県伊方町)を10月12日に再稼働

         

        令和3年7月1日

        村田光平

         (元駐スイス大使)

         

        皆様

         

        伊方原発3号機の運転差し止め仮処分申し立て事件では、住民側の弁護団が耐震性に着目。

        四国電力の「南海トラフ地震が原発直下で起きても、伊方原発敷地には181ガル(震度5弱相当)しか来ない」との試算を追及。

        地震の観測記録に立脚すれば、この試算の間違いは明白ですが、6月13日、四国電力は16日、定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)を10月12日に再稼働させると発表しました。

        樋口元裁判長は

        6月30日に頂いたメッセージで原子力規制委員会が

        「とんでもない判断をしていたことがわかりました」と述べております。

         

        樋口氏はかねてより下記の問題提起をしております。

        「改正後の建築基準法は一般住宅も震度6強から震度7にかけての地震に耐えられるよう義務づけています。

        ガルで言うと1500ガル程度の地震には耐えられます。

        一方、日本の原発の基準地震動は、ほぼ600ガルから

        1000ガル程度です。

        つまり、原発の耐震性は信頼度も基準値も一般住宅より、はるかに劣るのです。」

         

        上述の通り原発に関してはあまりにも「出鱈目」が多いいことに危機感が募る一方です。

         

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.