知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

         2021年7月2日発行

        世界の最新トレンドとビジネスチャンス

        第255回

          東京オリンピックにアメリカ代表団を率いて来日予定のジル・バイデン博士の実力

         

        浜田和幸

         

        ウェブで読む:

        https://foomii.com/00096/2021070210000081976

        ──────────────────────────

        6月に英国で開かれたG7サミットで、菅義偉総理は「新型コロナウィルス対策や地球環境問題に関する議論をリードし、来る東京オリンピックへの支持も取り付けた」と、NHKは報道していた。しかし、現地から伝わってくる報道や映像を見ると、とてもそんな雰囲気は感じられなかった。

         

        それどころか、正式メンバーでもない、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の方が、はるかにリラックスして堂々としているように見えるではないか。

        屋外での記念撮影では、菅総理が後方に緊張して立っていたのだが、文大統領は最前列でホスト役のジョンソン首相とアメリカのバイデン大統領の間に陣取り、微笑んでいた。

        また、会議の合間に英国空軍のレッド・アローズによる曲芸飛行を見学する際にも、文大統領夫妻は最前列で楽しそうにしていたが、菅総理夫妻の姿はどこにも見当たらなかった。

         

        世界が注目する檜舞台であるだけに、菅総理の「日陰の身」のような存在感のなさには驚かざるを得なかった。

        大方の日本人もそう感じたに違いない。

         

        一方、バイデン大統領は78歳で認知症の傾向もあるということで、新婚早々のジョンソン首相と比べれば派手な立ち回りはなかったが、それでもジル夫人が環境問題を意識した「LOVE」のマーク入りのジャケットを着るなど、話題作りには工夫を凝らしていた。

         

        残念ながら、菅総理には振付師がいないのか、本人の性格なのか、国際社会にアピールする気持ちが微塵も伝わってこない。これでは東京オリンピックも盛り上がりに欠けるものになりそうだ。

         

        実は、菅総理はワシントンを訪問し、バイデン大統領と対面での首脳会談を行った際に、東京オリンピックの開会式への参加を要請し、「前向きの回答を得た」と自信を見せていた。

        しかし、これは全くの希望的観測に過ぎなかった。

         

        そもそも、バイデン大統領にとって当面の最大の関心事は東京オリンピックではなく、来年の中間選挙である。

        議会の勢力が民主、共和両党が伯仲している上に、

        トランプ前大統領が「先の大統領選挙で勝っていたのは

        自分だ。バイデンや民主党は票の集計を操作し、

        不正な手段で選挙を奪った。断じて許すわけにはいかない。次回の選挙で必ず勝利し、ホワイトハウスを奪還する」と主張し、来年の中間選挙に出馬予定の共和党候補の応援を兼ねて、自らのカムバック・キャンペーンに奔走しているため、バイデン大統領は気が気でない。

         

        しかも、新型コロナウィルスの感染が収まらない東京を訪問するのは危険との周囲のアドバイスもあるようで、

        まだ最終決定ではないが、ファーストレディのジル・バイデン博士が東京オリンピックの開会式に出席する方向で

        最終調整が進んでいる模様である。

         

        日本ではほとんど知られていないが、ジル夫人はバイデン大統領にとっては「お宝」のような存在である。最初の妻と娘を交通事故で失くし、2人の息子も大けがを負い、その看病で当選したばかりの上院議員の職も辞そうと思っていたバイデン氏であった。

        そんな新人議員のバイデン氏とブライドデートをきっかけに知り合ったのが、これまた離婚直後のジル博士であった。地元の高校で長年、英語教師を務めていた彼女は教育熱心で、自らも大学院の通い、修士号と博士号を取得。

        その後、コミュニティーカレッジで公衆衛生学や教育学も教えるようになった。

         

        お互いに波長が合ったようで、ジルは両親に「初めて紳士的な男性と出会った」と報告しい、バイデン氏も自分の妻として、また2人の息子の新しい母親としての彼女に惚れ込み、何度もプロポーズを繰り返したという。

        5回目のプロポーズでOKを出したジル博士だが、「2人の息子にとって二度と母親を亡くすような悲しい思いをさせたくない」と悩んだ末の決意だったという。

         

        しかし、一度決心すると後戻りをしないというのがジル博士の信条であった。2人の息子に加え、バイデン氏との間には新たに3人の娘も生まれた。

        5人の子育て、学校での教師としての仕事、そして夫の

        選挙活動、という3足の草鞋を履き続けたのである。

        彼女のたくましいのは「選挙運動の期間中も移動のバスの中で自分が教えている学生の試験の採点やペーパーに添削を行い、教師としての責任を忘れていない」こと。

        副大統領夫人になってからも教職を続け、今度は移動中の飛行機の中でも学生の答案を採点するという離れ業を演じてきた。

         

        さすが大統領夫人となってからは無理だろうと大方が思ったものの、「自分は教師の役割を放棄するつもりはない」とファーストレディとしての公務と大学教師との両立を続えている。

        毎朝6時には飼い犬の散歩、そしてホワイトハウスのガーデンでの植栽の手入れ、そして大事なイベントには自らが選んだ花束のブーケを用意する。何事にも情熱を傾ける彼女は夫に対しても「もっと情熱を込めて」と、背中を押すことがしばしばあるようだ。

         

        もともとファッションに関心があり、自分で買える範囲で、様々な洋服やアクセサリーを身に着けることを楽しんできた。2021年6月、70歳になった彼女は

        「ボーグ」最新号の8月号には表紙を飾っているほどの

        ファッションセンスの持ち主である。

         

        その上、性格が快活で、ユーモアのセンスも夫以上であることは衆目の一致するところ。どちらかといえば、堅物のバイデン氏をうまく盛り立てて、女性や子供たちとの交流をサポートしてきた。笑いが絶えないため、「笑い声のする先にはジル夫人がいる」と言われるほど。

         

        そんな自立心旺盛なファーストレディが東京オリンピックに大統領の名代として来日する可能性が高いわけで、

        菅総理夫妻にも最大限の情熱を込めて接してもらいたいものだ。

         

         

         

         

        本メールマガジンの著作権は執筆者である浜田和幸に属します。

        受信したメルマガを許可なく転載・転送・再配布することを禁じます。

        ──────────────────────────────

        購読・配信・課金などのお問い合せは、

        メルマガ配信会社フーミー info@foomii.com までご連絡ください。

        登録/配信中止はこちら:https://foomii.com/mypage/

         

        ──────────────────────────────

        著者:浜田和幸

        【Blog】   http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki

        【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com

        【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki

        【Twitter】 https://twitter.com/hamada_kazuyuki

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.