知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        2021年10月24日

        今週の所感

         村田光平(元駐スイス大使)

        10月22日 衆院選所感(経団連会長宛メッセージ)

        皆様

        十倉雅和日本経団連会長宛メッセージをお届けいたします。

        21日にお届けした衆院選に関する所感に対しては、同メッセージで例示したように各方面から賛同の反響が寄せられており励まされております。

        世界にとっての益々恐ろしい禍根とみなされる430余基の原発の全廃は緊急課題と思われる旨、また、懸案の国連倫理サミットを

        開催し、脱原発の国際化の合意達成を実現することが待たれる旨に言及いたしました。

        本日、茂木敏充外務大臣及び小泉純一郎元総理にも同趣旨のメッセージを発出いたしました。

        脱原発の実現が原発過酷事故の再発を待つかのような現状は断じて許されません。

        皆様の御理解と御支援をお願い申し上げます。

         

         

        日本経団連

        十倉雅和会長殿

                           令和3年10月22日

                            村田光平

        (元駐スイス大使)

        拝啓

        失礼の段どうかお許し願います。市民社会の立場を政策決定者に

        伝える長年に亘る発信活動を継続させていただきます。

         

        このほど発信した衆院選に関する所感を別添お届けいたします。

        現状を嘆く失意の中での発信に対して各方面から声援が寄せられており、励まされております。

        (その1)

        常に、先生の貴重なご発言には、賛同以外にありません。

        本当に日本の政治は、私たち日本人自身が責任を持たなくてはならないことを、もっともっと多くの子日本人に自覚してもらいたいものですね。

        (その2)

        全く村田様のおっしゃるとおりです。

        閣僚はじめ国会議員、官僚は当然承知している筈です。

        さりながら、実態はこれらの問題を無視しています。

        野党も一応ポーズだけは反原発を唱えていますが、どこまで本気なのか?

         

        世界にとっての益々恐ろしい禍根とみなされる430余基の原発の全廃は緊急課題と思われます。懸案の国連倫理サミットを開催し、脱原発の国際化の合意達成を実現することが待たれます。

         

        貴会長のご理解とご支援をお願い申し上げます。  

        敬具   

         

        10月21日 衆院選

        皆様

        19日に公示された衆院選に関する所感をお届けいたします。

        日本の脱原発への動きはフクシマ事故があったにもかかわらず、

        振出しに戻っている感があります。

        全てを自然エネルギーにすれば20兆円節約になることが分かっているのに経済界を中心に抵抗勢力が存続しております。

        最早弁護の余地が皆無となっている核燃料政策に終止符が打たれていない現状は日本の統治能力の欠如を証明するものと見られております。

        専門家は原発の過酷事故再発の可能性に警鐘を鳴らしております。

        天災の激甚化が益々懸念されます

         

        東京五輪がこれまでに最大のコロナ感染の第五波をもたらし、

        多くの人命の損失をもたらしたことは事実により立証されているにもかかわらず、メディアがこのことを報じない現状は最早看過できません。

        五輪イコール原発であることが頷けます。

        感染の拡大を許したPCR検査をも妨害した東京五輪の総括が待たれます。

         

        フクシマ事故を完全に無視した東京五輪の不道徳・無責任は、

        もはや無視できない日本の一新を求める市民社会の声を生むに至っております。

        国民はモリ・カケ・サクラ・赤木をいつまでも放置する筈がありません。

        公務員、元公務員は公文書の改ざんを断じて許さない筈です。

         

        今回の総選挙の結果が日本の一新への道を開くものであることが

        強く望まれます。

        この可能性が否定された場合には、脱原発は国際社会の

        イニシャティヴに待つほかありません。

        国連倫理サミットを開催して世界に残存する430余基の原発の

        全廃に関する合意の成立を目指す動きがとくに注目されます。

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.