知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        2021年11月21日

        今週の所感

         村田光平(元駐スイス大使)

        11月17日 The UN Ethics Summit

        皆様

        国連倫理サミットの開催を改めて訴えるBCC英文発信をお届けいたします。

        地球倫理、母性文明及び真の核廃絶は三位一体の関係にあり、

        国連倫理サミットはこの人類の崇高な目標に向かうには避けて通れない入り口である旨指摘いたしました。

         

        Dear Friend,

        Civil society is now convinced that the UN Ethics Summit is the best answer to achieve the departure from nuclear energy.

        This is the conclusion drawn from the results of the recent general elections in Japan. The vested interests in Japan will remain attached to nuclear energy.

        I have started renewing my attached plea for a UN Ethics Summit.

        Under such circumstances, we foresee the increasing importance of the UN Ethics Summit that could internationalize the endeavor to eliminate the actual and proven sources of catastrophe, namely remaining more than 430 nuclear reactors in more than 30 countries. The world should not forget the dreadful consequences of the Fukushima nuclear accident.

        There is a trinity relationship for global ethics, maternal civilization and true denuclearization. The UN Ethics Summit is the unavoidable entrance to this lofty target of humanity.

        Please allow me to count on your understanding and support.

        MiItsuhei Murata

        Former Japanese Ambassador to Switzerland

         

        4 October, 2020

         

        A Plea for a United Nations Ethics Summit to Be Held

          

        The preset Corona-19 crisis the world is confronted with is neither an economic crisis nor a monetary one. It is a crisis of civilization. The solution requires the mobilization of human wisdom on the widest global scale.

         

           The recent natural disasters worldwide unprecedented in history, destroying the lives and livelihoods of hundreds of thousands of people are warnings that mankind faces a change of way of life not only in Japan, but the entire world.

         

           The civilization of science that has ‘controlled and conquered Nature’ since the 17th century is based on ‘paternal culture’ based on power and domination. Now is the time for us to transform it into a civilization based on ethics and solidarity that respect the right of future generations.

         

           Japan, alas, has been the victim of both civil and military use of nuclear energy. Japan has been calling upon the International Community to pursue military denuclearization. Japan now has the duty to plead for changing course in the energy field, not only in Japan, but worldwide, with a view to abandoning nuclear plants.

        Fulfilling this duty alone would constitute a Japanese contribution to the world and Japanese victims of the 3.11 disaster would not have suffered in vain.

         

        The deeply-rooted cause of the crisis confronting mankind is the universally prevalent lack of ethics. It is against fundamental ethics to abuse and exhaust natural resources that belong to future generations and leave behind permanently poisonous waste and enormous financial debts. It is a matter of great urgency to put an end to this civilization of greed based on market fundamentalism.

         

        11月16日 林外務大臣宛メッセージ

        皆様

        林 芳正外務大臣宛メッセージをお届けいたします。

        今後の日本外交の重要課題である国連倫理サミットの基本的考えをお伝えし、世界の一角でフクシマの悲劇が再発することを未然に

        防ぐことに貢献し得る同サミットの開催実現を訴えました。

        同サミットは焦眉の課題と言うべき環境危機対策及び

        福島放射性汚染水の海洋放出問題への対応をも取り上げる

        格好の場ともなり得るものであり、その開催実現が急がれます。

        皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

        令和3年11月11日

        林 芳正外務大臣殿  

        村田光平

        (元駐スイス大使)

        拝啓

        この度の外務大臣ご就任を心からお祝い申し上げます。

        失礼の段、どうかお許し願います。

        今後とも市民社会の代弁を志す立場から発信を続けさせて頂ければ誠に幸甚に存じます。

         

        市民社会はフクシマ事故を予見して警告を発しておりました。

        世界の一角でフクシマの悲劇が再発することを未然に防ぐことに

        貢献し得る「国連倫理サミット」の開催実現を内外に訴え続けて

        おります。同サミットは世界が必要としている地球倫理の確立、

        力の父性文明から和の母性文明への転換及び真の核廃絶への

        入り口です。

        しかも焦眉の課題と言うべき環境危機対策及び福島放射性汚染水の海洋放出問題への対応をも取り上げる格好の場ともなり得るものであり、その開催実現が待たれます。

         

        日本社会の基本的問題は未だに福島原発事故の教訓(経済重視から人命重視)が無視され続けていることに総括されます。

        これに関連し、樋口英明元裁判長が実質的に関与した初めての原発差止め仮処分が、11月4日広島地裁で却下されたことは市民社会に衝撃を与えております。

        樋口基裁判長は「マグニチュード9の南海トラフ地震が伊方原発

        直下で起きたとしても、伊方原発の敷地には181ガルしか到来しない」という四国電力の非常識な地震動算定は、

        とても承服できないので、広島高等裁判所に是正を求める旨の

        連絡に接しております。

         

        日本の現状は公文書の改ざんから歴史の改ざん(近代史を省く)

        までが可能となっております。

        市民社会は無理を承知で日本一新を目標に掲げる所以です。

         

        内外の市民社会の脱原発の訴えは米、英、仏などに見られる

        小型原発の開発の動きの前に矮小化されて映じます。

        しかしながら、天地の摂理と歴史の法則の目に見えない力が

        未来への希望の支えとなっております。

         

        貴大臣のご指導とご支援をお願い申し上げます。

        敬具

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.