知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。
  • 音楽の森
  • グルメの森
  • 歴史の森
  • アートの森
  • 動物の森
  • 鉄道の森
  • 生活の森
  • 健康の森
  • ファッションの森
  • スポーツの森
  • 本の森
  • ご当地の森・日本
  • ご当地の森・世界
  • イノベーションの森
  • みんなの森
  • パートナーの森
  • イベントの森
  • 文学の森
  • 植物の森
  • 建築の森
  • 映画・演劇の森

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

◎協賛企業団体・個人募集中

協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

    ◎協賛企業団体・個人募集中

    協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

      ◎協賛企業団体・個人募集中

      協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        協賛企業団体・個人

        ◎協賛企業団体・個人募集中

        2022年4月10日

        今週の所感

         村田光平(元駐スイス大使)

        4月3日 国連倫理サミットの意義 

         

        皆様

        国連倫理サミットの意義についてはウクライナ危機により浮き彫りにされました。

        マハティール元マレイシア首相は国連倫理サミット開催の意義について別添の書簡にあるように「いかなる状況の下でも紛争を解決する手段として戦争に訴えるべきではないことを宣言する」ことを期待していたのです。

        同サミットが開催されこの趣旨の宣言が発出されていないことが悔やまれます。

         

        世界の平和を願う立場から内外の市民社会は国連倫理サミットの開催を求める声を上げだしております。

        ダライ・ラマ法王や核戦争防止国際医師会議(IPPNW)をはじめとした、ノーベル平和賞受賞者たちが、戦争と核兵器に反対する画期的キャンペーンを立ち上げました。

        https://secure.avaaz.org/campaign/jp/no_nuclear_war_loc/

        皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

         

        4月6日 Wisdom of  Dr.Mahathir,former Malaisian Prime Minister

        皆様

        アジアの政治家の叡智を象徴するマハティール・マレイシア元首相から10年前に頂いた書簡の内容を紹介するBCC英文発信をお届けいたします。

        同氏は世界が直面する危機の真因は倫理の欠如であるとみております。

         

        ウクライナ危機がもたらしつつあるエネルギー危機を原発利用を新たに促進して乗り越えようとする動きが見られますが、これはカーボンニュートラルの動きを原発促進にむすびつけようとしつつあるEU の動きと軌を一にするものであり、重大な問題点を看過しております。それは放射性廃棄物の処理振りに見られるように、すでに世界の良識は原子力は無責任・不道徳と断じていることです。それに引き換え自然エネルギーの促進はいまこそ大がかりに進める好機到来と見られております。

         

        首相を24年間も務め96歳の現在も国会議員を務めるマハティール・マレイシア元首相の叡智に大いに学び、日本としても脱原発に早急に踏み切ることが望まれます。

         

        4月7日 岸田総理宛メッセージ

        皆様

        岸田総理宛メッセージをお届けいたします。

        マハティール元首相がマレイシアへの原発導入を拒否した判断の素晴らしさに感銘を覚えます。

        倫理を重視すれば原子力は無責任・不道徳と断じざるを得ません。だからこそ予見されるエネルギー不足には原発ではなく、自然エネルギーの促進で対応すべきなのです。

        国連倫理サミットについてもマハティール氏は「いかなる状況の下でも紛争を解決する手段として戦争に訴えるべきではないことを宣言する」ことを期待して支持されたのです。

        この宣言の実現を目指す日本の尽力への期待に現に接しております。

         

        岸田文雄内閣総理大臣殿

        令和4年4月7日

        村田光平

        (元駐スイス大使)

        拝啓

        アジアの政治家の叡智を象徴するマハティール・マレイシア元首相から10年前に頂いた別添の書簡からは、世界が直面する危機の真因は倫理の欠如であるとの視点が伺われます。

         

        ウクライナ危機がもたらしつつあるエネルギー危機を前にして原発を新たに促進して乗り越えようとする動きが見られますが、重大な問題点を看過しております。それは放射性廃棄物の処理振りに見られるように、すでに世界の良識は原子力を無責任・不道徳と断じていることです。それに引き換え自然エネルギーの促進はいまこそ大がかりに進める好機到来ととらえるべきと思われます。

         

        首相を24年間も務め96歳の現在も国会議員を務めるマハティール・マレイシア元首相の叡智に大いに学び、日本としても脱原発に早急に踏み切ることが望まれます。同氏は国連倫理サミットの開催に

        賛同しておりましたが、「いかなる状況の下でも紛争を解決する手段として戦争に訴えるべきではないことを宣言する」ことを期待していたのです。同サミットの早期開催実現が待たれます。

         

        ウクライナ危機は政治指導者に最も求められる資質は生命に至上の

        価値を置く人道主義であることを世界は改めて学びつつあります。

         

        貴総理の一層の御発展と御健康をお祈り申し上げます。

        敬具

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        制作協力企業

        • ACデザイン
        • 日本クラシックソムリエ協会
        • グランソールインターナショナル
        • 草隆社

        Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.