知識の杜へようこそ。お好きな森の散歩をお楽しみ下さい。

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.717 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.717 ◆◇◆    証拠    毎晩、酒を飲んでギャンブルに興じている男が、 帰路をたどっていた。 物乞いが声をかけた。 「旦那、10ドル恵んでください」 「お前、どうせ酒か […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.716 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.716 ◆◇◆     言い訳  遅刻の常習犯が、上司に呼び出された。 「今日はなぜ遅刻したのか?」 「ハイ家内がお産でして」 数日後、また遅刻した。 「君、また遅刻か!理由は […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.714 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.714 ◆◇◆   「一緒に撮ってくれませんか?」  散歩していたら、イケメンの男性に声をかけられました。 ワクワクしながら、「いいですよ」と答えた婚活中の女性。 「スカイツリ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.713 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.713 ◆◇◆   両替え  男が通りがかりの紳士を捕まえ話しかけた。 「すいません、 一万円札を五千円札3枚に変えてくれませんか?」 「3枚? 2枚でしょ」 「いえ、2枚でし […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.712 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.712 ◆◇◆     いい知らせ、悪い知らせ  1.「君に良い知らせと悪い知らせがある、 実は、君と別れたいんだ」 「そう、、、。で、悪い知らせは?」   2.子供 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.711 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.711 ◆◇◆   ケチ イ、おぼれている人を見て、岸辺のおじさんが声をかけた。 「100文出せば助ける」 「それでは頼まない」といって沈んでいった。   ロ、「とな […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.710 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.710 ◆◇◆   心理学者   心理学者が若い女性向けのセミナーを開いた。 「デートの待ち合わせで、カレ氏の心理がわかります。」 参加者が次々に手を挙げた。 「私のカレはいつ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.709 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.709 ◆◇◆   怠け者 怠け者が天井の電球を取り換えようとした。 家には、脚立も椅子もない。そこで隣人を呼んだ。 「すまんが、ぼくを肩車してくれないか」 隣人の肩に乗って、 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.708 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.708 ◆◇◆   医者「良いニュースと悪いニュースがあります。」 患者「悪いニュースからお願いします。」 医者「あなたの寿命はもって半年です。」 患者「それじゃ、よいニュース […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.707 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.707 ◆◇◆   ホテルのフロントで  ホテルのフロントに一人の宿泊客があたふたとやって来た。 勘定を済ませて、駅まで行き、列車に乗り込むのに 10分しかなかったのだ。 「ええい […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.706 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.706 ◆◇◆    不動産屋  不動産屋が、言いました。 「この家にはいい点も悪い点もあります。正直に申しましょう。 悪い点と申しますと、 50メートルほど南には化学薬品の工 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.705 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.705 ◆◇◆   全く満腹  ウィリー君があるパーティーに招待された。 もちろん、菓子や果物がたっぷりと出された。 「もっと召し上がったらどう?ウィリーちゃん」 とその家のお […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.704 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.704 ◆◇◆   精神病患者 「先生、お助けください」 とある患者が精神病医にいった。 「私は自分が犬だという気がして仕方がないんです。 つまり私はいつでも犬なんです」 精神 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.703 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.703 ◆◇◆   感傷 「あの人が七時きっかりに戸口の踏み段に立つ音も、 もう聞けないわ」 「あらまぁ、ドロシイ」 「あの人のために広間の明かりをうす暗くすることも、もうない […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.702 ◆◇◆

 ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.702 ◆◇◆   嘘つき  牧師が会衆にいった。 「次の日曜日には嘘つきという題でお話するつもりです。 その準備と致しまして、皆さんにマルコ伝の第一七章を 読んでいただきたいと […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.701 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.701 ◆◇◆   デパート  パートに入ると、その小さな体のおばあちゃんは驚いてしまった。 なぜって、バンドが演奏を始め、恰幅のいい重役らしい人が おばあちゃんの胸にランの花 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.700 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.700 ◆◇◆    三人のベルギー人が議論している。  最初の男が言う。 「なあ、聞いてくれよ。つらい話なんだ。 おれの女房はパン屋と浮気しているようなんだ。」 ほかの二人が […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.699 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.699 ◆◇◆    地下鉄の中で  「すみませんが、お嬢さん、吊革につかまってくれませんか?」 「いいえ、結構です。もうつかまっていますから、、、。」 「そうじゃないんですよ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.698 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.698 ◆◇◆   アメリカ版「片棒」  一人の老人が死にかかっていた。 もう駄目だとあきらめながら、3人の息子がその部屋にいた。 彼らは葬式の手配について話しはじめた。 長男 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.697 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.697 ◆◇◆   老い   二人の女性が話している。 「女性が老いを感じるのはいつだと思う?」 「手帳の中の電話番号が全部医者になったときじゃない?」 (ジョーク集より) & […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.696 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.696 ◆◇◆   一時の快楽  若い娘たちを前にして司祭が説教をしている。 「誘惑に負けそうになったときは、こう自分に言い聞かせなさい。 一時の快楽のせいで一生を棒に振るのだ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.695 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.695 ◆◇◆   恥ずかしさの基準  「お前ときたら、本当に恥ずかしいと思わないのかね? 同級生は皆離婚してしまったというのに、 おまえはまだ結婚もしていないんだから、、、。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.694 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.694 ◆◇◆   命あっての物種   一人の婦人が息を切らしながら買い物から戻った。 「あなた、恐かったわ!」 「どうしたというんだ。」 「エレベーターのなかで若い与太者から […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.693 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.693 ◆◇◆    生きる意欲  美しい娘が失恋のショックで捨鉢になって自殺を考えた。 彼女は拳銃を買い、部屋に戻ると、こめかみに銃口を当てた。 しかしながら、彼女は思い返し […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.692 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.692 ◆◇◆   遺産相続者  億万長者の叔父から遺産を相続した男が すばらしい女性と結婚することになった。 しかし男は女性の愛が本物かどうかを知りたくて、彼女にきいた。 「 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.691 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.691 ◆◇◆   合い鍵 小さな女の子が生まれて初めて母親とお風呂に入った。 そして母親の下半身を見てきいた。 「あら、それってなに?」 「これはね、天国の入り口よ。」 一週 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.690 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.690 ◆◇◆   あわて者  公衆便所にはいったあわて者、 チョッキのボタンをはずし、ネクタイを持ち上げて、 ズボンの中にしまった。 (ジョーク集より) 昔、竹下元首相が言っ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.689 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.689 ◆◇◆   賄賂の代わり  公共事業請負業者が 甘い汁を吸おうとして 施設課の担当官に賄賂の代わりにスポーツカーを贈ろうとした。 すると担当者はやんわりと答えた。 「わ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.688 ◆◇◆

 ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.688 ◆◇◆   訳ありの身  こちこちの石頭の司祭が珍しく夜遅く盛り場を歩いていると “恥ずべき生活を送っている”女がつかつかと近づいてきて 声をかけた。 司祭はエヘンと咳払 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.687 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.687 ◆◇◆    賄賂  立ち会い演説会で一人の候補者が拳をあげながら 熱弁をふるっている。 「議員たちはゼネコンや航空業界や製薬会社との腐れ縁を 断ち切ろうとせず、あいか […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.686 ◆◇◆

 ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.686 ◆◇◆   忘れ物探し   若い女が産婦人科医に電話をかけてきた。 「あの、お忙しいところお騒がせしてすみませんが、 診察室にピンクのパンティーがありませんでした? 午後 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.685 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.685 ◆◇◆   ローマ法王  外国歴訪を終えて法王はローマ空港に降り立った。 その日はヨーロッパ選手権の決勝戦があり、 もうキックオフの時間が迫っていた。 法王は大のサッカ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.684 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.684 ◆◇◆   ロブスター  一人の男がレストランで食事を取っていた。 料理が出てきたが、ひどく小さなロブスターだった。 男はコック長を呼んだ。 「このロブスターにはハサミが一 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.683 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.683 ◆◇◆   ロードローラー  親友がロードローラーに轢かれて、大怪我をした。 取るものも取りあえず、病院に駆けつけた男が 係の看護婦に言った。 「一目でいいから合わせて […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.682 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.682 ◆◇◆   わたしはだれでしょう ある夫婦に突然、見ず知らずの人間から 有名な劇場(カジノドパリ)への招待状が郵送された。 その招待状には<送り主を当ててみてください> […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.681 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.681 ◆◇◆    ろ過  一人のスコットランド人が危篤状態だった。 駆けつけた親友にスコットランド人が言った。 「君にどうしても頼みたいことがあるんだ。 埋葬が終わったら、 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.680 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.680 ◆◇◆   ロレックス    ナンパオトコが、カフェのテラスで若い女性に近づく 「きれいだね。なにも言わなくてもいい、 俺のロレックスがなんでもおしえてくれる。」 オト […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.679 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.679 ◆◇◆   理想の結婚相手  ある富豪の男が、理想の結婚相手を探していた。 彼は花嫁候補のフランス人、日本人、アメリカ人の三人に それぞれ一万ドルずつ渡し、 それをどう […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.678 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.678 ◆◇◆    盗人にも三分の理  ① 「忙しくて出頭できなかった」 警視庁の出頭要請に応じなかった理由として   ② 「お金がかかるだろ。」 《110番》を使 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.677 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.677 ◆◇◆   ラジオの修理にやって来た電気屋のトムは  亭主の留守を良いことに欲求不満だった夫人とできてしまいます 修理と情事を終えたトムが帰り際に亭主に会いました 亭主 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.676 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.676 ◆◇◆   野戦病院の惨状を視察にきた大司教。  ある重傷の兵士を見ると、彼はやにわに苦しみだし 傍らにあったメモに何かを書きつけて逝った。 これも神のおひきあわせかと […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.675 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.675 ◆◇◆   患者「先生、僕の病状はどうでしょうか?」  医者「ええ、大分良いですね」 患者「昨日よりですか?」 医者「いえ、明日より」 (ジョーク集より)    隣へ隣 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.674 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.674 ◆◇◆   男運   ある女優が友人に言った。 「ああ、あたしって、なんて男運が悪いのかしら。 好きな人が出来ると、決まってその人に奥さんがいるし、 いい男が言い寄って […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.673 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.673 ◆◇◆   おしゃべり   担任教師からの手紙 『お宅のお嬢さんはおしゃべりの度が過ぎるようです』 父親からの返事 『母親についての評価をぜひ聞きたいものです』 (ジョ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.672 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.672 ◆◇◆   男の考えること  カフェのテラスで二人の男が暇つぶしに通りを眺めている。 するとそこへ、ふるいつきたくなるような グラマーな女が歩いてくる。 一人がきいた。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.671 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.671 ◆◇◆   男運  ある女が友人に語った。 ― わたしは二度結婚に失敗したわ。 最初の亭主は逃げてしまったし、 二度目の男は稼ぎは悪いし居座ってる。 (ジョーク集より) […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.670 ◆◇◆

 ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.670 ◆◇◆   オルガズム  ― ジャン=フランソワ、 女のオルガズムは何種類あるか知ってるか。 ― いや、知らないよ。教えてくれ。 ― 四つある。 積極的オルガズム、消極的 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.669 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.669 ◆◇◆    大きな贈物  大きなバストを売り物にしている映画女優が、 南太平洋に浮かぶ島に旅行している二人の男性に なにか気のきいたプレゼントを贈りたいと思った。 し […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.668 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.668 ◆◇◆    「おじさん、おっぱいに何が入ってるの?」  「希望が詰まってるんだ!」 「吸うとどうなるの?」 「それが欲望に変わるんだよ!」 (高田純次 YouTube […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.667 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.667 ◆◇◆   老い   二人の女性が話している。 「女性が老いを実感するのはいつだと思う?」 「手帳の中の電話番号が ぜんぶ医者の名前になった時じゃない?」 (ジョーク集 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.666 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.666 ◆◇◆   おりこうさん  日曜日の夕方、父親が五人の子供を全員集めてきいた。 ― この一週間、誰が一番おりこうさんだったかな? なんでも「はい!はい!」ってママの言うこと […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.665 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.665 ◆◇◆     エキストラ出演  恋人といっしょに野外劇を見ていた学生が、 第一幕が終わったところで小用に立った。 係員にトイレの場所を尋ねた。 ― あそこに見える椎の […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.664 ◆◇◆

    ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.664 ◆◇◆     結婚を控え、とにかくお金のない私。  出かけると何かしら出費がある。 「外に出かけるとどうしてもお金が出るんだよね〜」 と母に話したところ、 「そう […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.663 ◆◇◆

    ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.663 ◆◇◆   肉屋にて  ある日本人女性がイギリス人男性と結婚し、 ロンドンで暮らしていた。 彼女は英語があまり上手ではなかったが、夫の助けを借りながら、 なんとか楽 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.662 ◆◇◆

    ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.662 ◆◇◆   動物園で係員に女の子が聞きました。  「このカバはオス?メス?」 係員の答え  「お嬢さん、そんなことは別のカバが興味を持てばよいことで。」 (ジョーク […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.661 ◆◇◆

    ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.661 ◆◇◆    借家契約手続き    家主が尋ねた。 「お子さんはいらっしゃいますか?」 「ハイ、6人です。皆、墓地です。」 と相手はしかつめらしい顔で答えた。 「こ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.660 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.660 ◆◇◆    1.コニーは、自分の部屋に誘った独身のブレークにたずねた。   「もしかしてあなた、サドマドの趣味はないんでしょうね?」 「とんでもない!でもぐでんぐでんに酔 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.659 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.659 ◆◇◆    献立  ある島に食人族の親子がいた。 息子に食人族としての技能を教えきるころには、 他の島民は食べつくしていた。 ある日親子は海岸に若い女性が漂着しているのを […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.658 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.658 ◆◇◆    無題 上司は、昨年暮の初孫誕生をきっかけに、1日2箱だったタバコを元日からきっぱり止めた。 しかし2ヶ月で13キロも体重が増えたらしく 奥様から『スーツ新調す […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.657 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.657 ◆◇◆    樹海での自殺者の話  捜索に行ったら、自殺し損ねた人があらわれ 「クビを吊ったら枝が折れて落っこちて身体を打った。 死ぬかと思った。」    昔、マイルドへブ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.656 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.656 ◆◇◆   運  ユダヤのことわざに 「運が悪いやつは、パンを落とす時、必ずバターが下になる」 というのがあります。 運の悪い、なにをやってもうまくいかない男がいました。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.655 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.655 ◆◇◆   眠らないウサギ(2023年1月26日)  1.逆イソップ     ウサギは跳ねる!と株式市場は騒いでいます。 私は、よく若い経営者にいう言葉があります。 「眠ら […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.654 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.654 ◆◇◆   諸雑費  税務署 「お前の所得はいくらだ」 若い男 「全然ありません」 税務署 「そんなことあるか。どこで働いている?」 若い男 「パパの会社です」 税務署 「 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.653 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.653 ◆◇◆    レストラン   <切れ味の差>  あるレストランのメニューに 『ビフテキ、20ドルと30ドル』がありました。 「おすすめは?」客が聞きました。 「もちろん30 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.652 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.652 ◆◇◆   言い訳  子供の成績表を見ながら父親が言った。 −なんだ、これは!零点ばかりじゃないか! で、今度はどんな言い訳をしようっていうんだね? −えーと、いま迷ってる […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.651 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.651 ◆◇◆   ウィンザー城  旅行者のカップルがロンドン郊外のウィンザー城を訪れた。 妻が夫に聞いた。 「飛行場のすぐ近くにお城を作るなんて、 昔の人は何を考えていたんでしょ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.650 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.650 ◆◇◆      段階  女性が男性からプレゼントをもらった反応 ― 付き合ってまだ日が浅い時 「まあステキ、ありがとう!こんなにしてくれなくてもいいのに」 ― それから深 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.649 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.649 ◆◇◆    「あのー。オウムがほしいんですけど」  「いらっしゃいませ。うちには3種類のオウムがいます。   まずこのオウムは500ドルでございます」    「500ドル […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.648 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.648 ◆◇◆    怠け者が木影に寝そべっていた。  そのそばにもう一人の怠け者が寝そべっていた。 「おい、オレのズボンのチャック、開いているかい?」 「いや、ちゃんと閉まってい […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.647 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.647 ◆◇◆   男の子がパン屋へおつかいに来てパンを2ドル分買った。  ところが今日はいつもよりパンが小さい。 「このパン、いつもより小さいよ」 するとパン屋の主人が言った。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.646 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.646 ◆◇◆    ある男がブロードウェイで大ヒットした劇のチケットを  一年待ってやっと手に入れた。  待望の日がやってきて劇場の席につくと、 驚いたことに自分と小柄な老人との […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.645 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.645 ◆◇◆    1.死亡証明書を区役所に請求したら、     本人確認が必要で、本人に取りに来いと言われた。 (これはウソです。)  2.旅館を予約する時にチェックインの時間 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.644 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.644 ◆◇◆   患者「夜になっても全然眠れないんです、     先生、どうしたらいいでしょう?」 医師「そうですな、幸いあなたはお金持ちですから、     とびきり美人のメイド […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.643 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.643 ◆◇◆   ある男が悪魔を呼び出した。  悪魔「お前さんが私を呼び出したからには、願いを1つ かなえなくてはいけないな」 男 「よし、じゃあ俺の願いをかなえてくれ。 今すぐ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.642 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.642 ◆◇◆   1.面接官:「あなたの長所をお話下さい」    求職者:「私は会社を15回クビになりました」    面接官:「それがどうして長所なんですか?」    求職者:「 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.641 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.641 ◆◇◆    ある男が町の道端で看板を立てて露店を開いていた。  看板にはこう書いてあった。  『10ドルであなたの二つの質問に答えます』  大事な質問のある人がそばに来て […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.640 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.640 ◆◇◆   仕事を一生懸命やると、彼女のための時間はないのかといわれる。  仕事をほどほどにすませると、甲斐性なしといわれる。    彼女より先に昇進すると、男女差別といわ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.639 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.639 ◆◇◆   1.夏芝居を上演している劇場で、クーラーが一時故障した。  売店のアイスクリームが急に、羽根の生えたように売れた。 売り切れたと思ったら、クーラーが直った。   […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.638 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.638 ◆◇◆     禁断の一言  ・近くの医院でお医者さんが 「失敗したって、いいじゃないか、人間だもの」 →誰もそのクリニックに行かなくなりました。 ・夫へ 「“本当にオマエ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.637 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.637 ◆◇◆    とある工場で、労働者たちが弁当を食べながら話をしていた。  一人が言った。  「グーテンベルクって、どういう人か知ってるかい?」 「いや、知らないな」と、みん […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.636 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.636 ◆◇◆   ナンセンスクイズ  問:70キロの重さ以下でないと渡れない橋を、体重60キロの人が 一個10キロの鉄のボール二個持って渡るにはどうすればいいか。   […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.635 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.635 ◆◇◆   憐れむべきもの  二人の主婦が話している。 「今朝、可哀想な人間に千ユーロあげたの。」 「千ユーロですって! ご主人なにも言わなかった?」 「―言ったわよ。すま […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.634 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.634 ◆◇◆   友人に裏切られ、全財産を失い、荒れた暮らしで体を壊し、 不治の病に冒され、ひとり寂しく死の床についている男がいた。 突然、目の前に妖精が現れて言った。 「どんな […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.633 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.633 ◆◇◆   上げ膳 腹を空かした男が帰宅したのに夕食の支度がされていなかった。 頭に来た男は妻に食ってかかった。 「そういうことならおれはレストランに行くよ。」 妻はけろり […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.632 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.632 ◆◇◆   悪のきっかけ  謹厳な司祭が信者にとくとくと説教をしていた。 「みなさん、このことをよく胸に畳んでおいてください。 悪のきっかけはほんの些細なことなのです。 ほ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.631 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.631 ◆◇◆   欠伸(あくび)  劇場にて 芝居は最低だった。 「どうして、口笛を吹かないんです?」 「それは無理です。欠伸をしていましたから」 (ジョーク集より) なぜか、リ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.630 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.630 ◆◇◆     赤ずきん 赤ずきんちゃんが森のおばあさんの家に着くと、 オオカミがベットに横になっていました。 そしてオオカミが赤ずきんちゃんにこう言いました。 「おれはオ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.629 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.629 ◆◇◆     ある青年が海辺で知り合いの老人に出会った。 老人は挨拶ついでに青年にこう尋ねた。 「おまえさん、漁師になりたいそうだが、 よくそんな気持ちになれるもんだね。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.628 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.628 ◆◇◆     愛のあかし    母親が年頃の娘に忠告する。 「男から愛してるよと言われても、 ほいほい真に受けてはいけないよ。男は口がうまいからね。」 「ママ、それじゃど […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.627 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.627 ◆◇◆     二人の落下傘兵が同時に飛行機から飛び降りた。  突然、一人が叫んだ。 「助けてくれ!おれのパラシュートが開かない!」 もう一人が怒鳴り返した。 「大丈夫だ! […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.626 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.626 ◆◇◆ 文法  「代名詞を二つ言って?」と文法の授業で先生が言った。   先生と目があったトミーは、慌てて言った。  「だれ?ぼく?」 怠慢の結果  「ジャーニー、学校に残 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.625 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.625 ◆◇◆     女を世界大陸にたとえると……  13歳から18歳はアフリカ。 文字通り処女地で人跡未踏。 18歳から30歳はアジア。 熱くエキゾチック。 30歳から45歳は […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.624 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.624 ◆◇◆     年取ったおばあさんが、病院で尿の検査をしていた。 尿取りコップをもらい、なんとか尿を取って、 若い看護婦さんに三階の検査室まで持っていってくれるよう頼んだ。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.623 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.623 ◆◇◆   おいしい答え  算数の時間、先生が言った。 「リンゴが2つ、ナシが2つあります。 それを10に切り分けます。どうなりますか?」 「フルーツサラダ」パトリックが答 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.622 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.622 ◆◇◆   イタリアとフランスとアメリカの首相が とあるリゾートホテルのプールサイドでヴァカンスを愉しんでいた。 そこへ妖精が現れ 「皆さんは日頃政治の世界で活躍してお疲れ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.621 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.621 ◆◇◆   ある夜、殺し屋が夫婦の住んでいる家に忍び込んだ。  彼は奥さんの首にナイフを突きつけ、 「殺される前に、名前を言え!」と言った。 彼女は震えながら、「エリザベー […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.620 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.620 ◆◇◆   「ボクは20歳の独身男性です。  6ヶ月前から、誰が見ても魅力いっぱいの女性と同棲しています。  彼女は美しくて、利口で、愛想がよく、かわいらしくて……。  僕 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.619 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.619 ◆◇◆   Q:  サンタクロース、正直な政治家、酔っ払いの老人、妖精、  の4人が通りを歩いていました。  彼らは道端に一万円札が落ちているのを見つけました。  さて、こ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.618 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.618 ◆◇◆    出張から夫が帰宅すると、自分のベッドに裸の男が寝ており、 クローゼットを開けると妻が隠れていた。 夫は怒り、妻に怒鳴りつけた。 「何回言えば分かる。隠れなきゃ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.617 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.617 ◆◇◆   夫婦喧嘩  「あの晩の喧嘩で奥さんとどうだったんだ?」  「ああ、ワイフは膝をついて、這いよってきやがったんだ」  「で、奥さんはなんて言ったんだ?」  「『そ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.616 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.616 ◆◇◆    「おい、ウェイター。スープに蝿が入っているぞ!」  「申し訳ございません。   さっき全部残らず取り除いたつもりでしたが…」  「ウェイター、このチキンは何だ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.615 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.615 ◆◇◆   精神病院で自分はナポレオンだと信じている患者がいた。  あるとき、医師が 「なぜキミは自分がナポレオンだと主張するんだ」と訊くと、 その患者は、 「神様がおまえ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.614 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.614 ◆◇◆   アメリカの権威ある性科学研究所が、  最近大々的に男性の性行動調査を行ない、その結果を発表した。  以下のデータは「セックスの後、男はどんな行動に出るか」を   […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.613 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.613 ◆◇◆     教会での結婚式に参列していた小さな男の子が  小さな声で母親に尋ねた。  「ママ。あの女の人ドレスはどうして白いの?」 「白いウェディングドレスは、幸福の色 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.612 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.612 ◆◇◆     CxOの時代(2021年12月23日) 1.ビジネスパートナーを増やす   CxOは、ビジネスパートナーで経営戦略実行の一翼を担います。 従来の部門長とは違 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.611 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.611 ◆◇◆     アル中の男が医者に診てもらいにきた。  男の手は絶えずブルブル震えている。 医者が尋ねた。 「こりゃひどい。あなたはたくさん飲むんでしょうな」 「それほどで […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.610 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.610 ◆◇◆     ボブは母が毛皮のコートを着るのを見ながら言った。  「かわいそうに。母さんが着るそのコートのおかげで、 その動物はひどく苦しい思いをしただろうなぁ」 「黙り […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.609 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.609 ◆◇◆   小学校に婦警さんがやってきて、防犯指導を行なった。  「いいですか。たとえばみんなのパパが電車に乗っているとき、 ポケットに手を入れて、有り金を全部奪う人がいた […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.608 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.608 ◆◇◆     各業界で一番耳にしたくない言葉  女性でもっとも多かった回答は 『若いうちが花』  ちょっと変わって相撲業界では 『体力の限界』  ちなみに自衛隊では 『繰 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.607 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.607 ◆◇◆     1.吠える犬はかまない  少なくとも吠えている間は。 2.人生とは    お金がなくならないように、 歯や髪の毛がなくならないようにと努力する、 終わりのな […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.606 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.606 ◆◇◆     ほんの冗談 妻に先立たれた農夫が墓の上に泣き崩れた。 「ああイボンヌ!なんでまた俺を置いて死んでしまったんだ! おねがいだから俺のそばに戻ってくれ!」 する […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.605 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.605 ◆◇◆     結婚式でのこと  後家さんによって、世間知らずに育てられた男が結婚した。 ハネムーンのホテルで、花婿は母親に電話した。 ベッドでなにかしなけりゃならないこと […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.604 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.604 ◆◇◆     インスタ!  弁護士「なぜ離婚を決意されたのですか?」 依頼人「スキーをした時脚を骨折したからです。」 弁護士「どうもそのつながりが腑に落ちませんが」 依頼 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.603 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.603 ◆◇◆      結婚と本当の幸せ  父親「本当の幸福は、結婚して初めてわかるものなんだよ」 息子「ふ~ん」 父親「だけど、わかった時には手遅れなんだ」 (ジョーク集より) […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.602 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.602 ◆◇◆     囚人と夫の違いとは? 囚人は態度が良ければ釈放してもらえる。                 (ジョーク集より) 金曜日の夜、居酒屋横丁を覗いてみました。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.601 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.601 ◆◇◆   父親の心配事  毎晩遊び回っている娘に父親が問いただした。 「おまえ、男が出来たのか?」 「そんなの産んでみなきゃわからないわ」 (ジョーク集より)   経営者 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.600 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.600 ◆◇◆   新婚の時との違いとは? ある晩のこと、夕食の席で妻が言った。 「新婚ホヤホヤだった頃、 あなたはステーキの小さい方を食べて私には大きい方をくれたわ。 なのに今は […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.599 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.599 ◆◇◆   女「なんで彼女できないの?」  俺「いやいや、できるわけないでしょこの顔じゃ(笑)」  女「えーそんなこと無いと思うけどなあ」  俺「よくそう言われるんだけどね […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.598 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.598 ◆◇◆   邪推  大金持ちの奥様がメイドに言った。 「夫はきっと秘書といい仲よ。間違いないわ!」 「奥様、そんなことを言うなんて、 私に焼き餅を焼かせるためですか?」 ( […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.597 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.597 ◆◇◆   出版不況  二人の出版者が別の出版者を話題にしていた。 「彼が危うく死ぬところだったのを知っているかね?」 「いや、事故にでも遭ったのかい?」 「事故といえば事 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.596 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.596 ◆◇◆    指紋  外科医が麻酔をかけようとした時、患者が医者に尋ねた。 「先生、あなたがゴムをはめているのは指紋を残さないためですか?」 (ジョーク集より)  ワクチン […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.595 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.595 ◆◇◆    投身自殺  失恋した魚がこの世をはかなんで自殺を決意した。 そして水の外にぴょんと身を投げた。 (ジョーク集より)  熱海の土石流災害は、びっくりしました。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.594 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.594 ◆◇◆    ローストビーフ  窈窕(ようちょう)たる城主夫人が勇敢な騎士にたずねた。 「これから火を噴くドラゴンを退治しに行くというのに、 なぜそちは槍の先に生の牛肉をさ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.593 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.593 ◆◇◆    種あり  秘書が血相かえて社長室に駆け込んで来た。 「二つのニュースがあります。いいニュースと悪いニュースです。」 「今朝は忙しいからいいニュースだけにしてく […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.592 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.592 ◆◇◆     ご招待  浮浪者が通行人に無心している。 「10ユーロをお恵みください。」 「10ユーロなんでまた?」 「食べるためです。まだランチを取っていないので。」 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.591 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.591 ◆◇◆      鼻つまみ  一人の通行人がもう一人の通行人に声をかけた。 「私に100ユーロお貸しいただけませんか?」 「え、なんですって?どうしてあなたに お金を用立て […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.590 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.590 ◆◇◆   名刺  ひどく態度の大きな男が農家に顔をみせた。 農夫が尋ねた。 「なんの御用で」 「私は農務省の調査官だ。」 こう言うと名刺を取り出し、農夫の鼻先で名刺をちら […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.589 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.589 ◆◇◆   コーヒー  古手の役人が言った。 「私は朝コーヒーは飲みません」 「え?、どうしてですか?」 「コーヒーを飲むと、午前中ずっと目がさえて困る。」 ああ、あいつの […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.588 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.588 ◆◇◆    貧乏くじ  みなから蛇蝎のごとく嫌われている上役がいた。 セクハラはするわ、部下の成果は横取りするわ、 それはひどいものだった。 そんな彼が、ある日、家から出 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.587 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.587 ◆◇◆   天気予報  気象台のスタッフが出勤し、秘書にたずねた。 「今日の予報は?」 「嵐になるでしょう。所長は落ち込んで、ひどい低気圧です。 大気を移動させ、文句が雨あ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.586 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.586 ◆◇◆    絶好調  怠け者のサラリーマンが妻に言った。 「今日は体調も絶好調だ。 おまけに天気も快晴。仕事をするには惜しいな。 な、おまえ、すぐに会社に電話をかけてくれ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.585 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.585 ◆◇◆   自己負担  スコットランドで犯罪が急減した。 なぜか? 法律が改正され、 服役中の食事代と宿泊費が自己負担になったからである。 (ジョーク集より)  監視カメラ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.584 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.584 ◆◇◆   公約  再選を期する候補者が選挙民に訴えた。 「みなさん、候補者を批判する前に、どうか一人一人が おのれの良心に尋ねてみるべきではありませんか? 『結婚を申し込 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.583 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.583 ◆◇◆ ロマンティックな夜  夏も終わりの土曜日の夜、ブローニュの森。  あちらこちらの植え込みの陰で大勢のカップルが  抱き合っている。  ハンサムな青年に抱かれていた彼 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.582 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.582 ◆◇◆   カット 理髪店で。 「トムクルーズのような髪型にしてくれ!」 20分後、理髪師がカットの仕上がりを客に見せると、客が抗議した。 「トムクルーズは、こんな頭じゃな […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.581 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.581 ◆◇◆     2人の若い弁護士が、喫茶店で飲み物だけを2つ注文し、 ブリーフケースの中からそれぞれサンドウィッチを取り出して、 昼食を取り始めた。 それを見た店主は、険し […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.580 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.580 ◆◇◆     子「父ちゃん、酔っ払うってどういうことなの?」 父「ここにグラスが二つあるだろろう。   これが四つに見え出したら、酔っ払ったってことだ。」 子「父ちゃん、 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.579 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.579 ◆◇◆     些少  「僕の知識はすべて先生から教えて頂いたものです。」 「礼には及ばんよ。そんなわずかなことで」と教授は答えた。 得手  「教授」と、同級会にやってきた […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.578 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.578 ◆◇◆     出入り  教授は回転ドアの入口でグルグル回りながらつぶやいた。  「はて困った。   一体わしは入るんだったか、出るんだったか忘れてしもうた。」       […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.577 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.577 ◆◇◆     ジョニー「なあ、トム」 トム  「なんだい?ジョニー」 ジョニー「俺、船乗りになりたいんだけど、泳げないんだよ」 トム  「そんなこと気にするなよ。     […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.576 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.576 ◆◇◆     聞いてくれよ。  この前さ、とある服屋に入ったんだ。  だがな、どの洋服も好みに合わないし、  値段も高くて店を出ようとしたんだ。  すると店員がやってきて […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.575 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.575 ◆◇◆     ある男がフランスを旅行し帰国するとき税関で呼びとめられた。   官吏:「このビンはなんだね??申告していないようだが。」 男 :「それは有名な教会で汲んでき […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.574 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.574 ◆◇◆     「もうすぐ30だけど、今まで結婚について考えたことないの?」  「そりゃあ私だって   『頼む!結婚してくれ』って言われた男の人くらいいるわよ」  「えぇー […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.572 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.572 ◆◇◆   犬:  この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、 気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、 可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。 この家 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.571 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.571 ◆◇◆ 子作り  子供が欲しくても出来ない男が、子だくさんの友人に相談した。  「子だくさんの君がうらやましいよ。どうしたら子供が出来るか な?」 「よし俺がアドバイスして […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.570 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.570 ◆◇◆     盗癖  「それで、ご主人の盗癖は治りましたか?」 「治る以上ですよ。先生の治療のお陰で 今はデパートに出かけても缶詰だとか、缶ビールだとか つまらないものを […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.569 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.569 ◆◇◆     与太話(2020年11月26日)  1.常に日本はフォロワー   一日あたりの日米のコロナ新規感染者数の推移表を、 あるシンクタンクが作っていました。 それ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.568 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.568 ◆◇◆     アルコール 麻酔剤が効いてきて意識が薄れていく中で、 男は外科医が助手に指示するのを聞いた。 「アルコール」   男はつぶやいた。 「先生、、、お […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.567 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.567 ◆◇◆ 扶養家族 税務職員が上司に報告した。 「ご指示の通り、確定申告で12人の扶養者があると 申し立てた男の住まいに出向いてみました。」 「どうだった?」 「あの男の細君 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.566 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.566 ◆◇◆     教授  自分の部屋に「外出中」と札を出して、 戻ってきてそれを見て、 「外出中か、それじゃだめだ」と呟き引き返した。    記憶力  ボブが友達のマイクにこ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.565 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.565 ◆◇◆ 全部だしても 「俺は、卒論に小説を書くことにしたんだ。オレのありったけを ぶちこむぞ」 文学部の八年生のジョーが言った。 「そうか」 ジムが答えた。 「ショートショ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.564 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.564 ◆◇◆     名答  「ホンゴウ君、偽善者とはどういう人か言ってごらんなさい」 と先生が言った。 「学校に笑顔で来る生徒のことです。」 (ジョーク集より)   […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.563 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.563 ◆◇◆    1. 「おや、どこかへで出かけていたのかい?」 「ええ、エステに行っていました」 「なるほど、で? 定休日だったのかい?」    2. 男「お前、毒持ってるヘ […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.562 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.562 ◆◇◆     命令する人  社会科の時間だった。 そのクラスは空港で働く人についての勉強だった。 ​​​先生が質問した。 「着陸する場所を、パイロットに命令する人をなんと […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.561 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.561 ◆◇◆ 善行 「このろくでなし!」母親が息子を怒鳴りつけた。 「毎日ぶらぶらしないで、少しはお父さんを見習ったらどうなの?」 「お父さんどんなことしたの?」 「お父さんはね […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.560 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.560 ◆◇◆   ある夫婦が結婚20年目の記念日を迎えることになった。  そこで二人は旅行の計画を立てる事にした。 夫 「何処へでも、お前の行きたい場所へ連れて行くよ。」 妻 「 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.559 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.559 ◆◇◆   とある大学教授の部屋を若い女学生が訪ねた。  「先生…お願いです。今度の試験でどうか私を合格させて下さい。 その為なら私…何でもします」 「本当に何でもするのか […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.558 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.558 ◆◇◆     水と氷  「水と氷に変わるとき」と教師が言った。 「そこに生じる最大の変化はなんだろう?」 「ハイ!」 「言ってみたまえ、本郷君」 「値段です。」 小学校の […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.557 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.557 ◆◇◆     ◆ 引き算の意思決定 1.コロナは、ビジネスのやり方を大きく変えるかもしれませんね。  単純ですが、「引き算の意思決定」が必要です。  コロナ後の出店戦略、 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.549 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.549 ◆◇◆      1.運転免許   警察が一台の車を止めた。 警察官:免許証を見せてください。 運転手:本当にすみません、忘れました…。 警察官:家に? 運転手:とるのを。 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.548 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.548 ◆◇◆      カンニング  小学校の教師が生徒の母親を呼び出した。 「困りました。おたくの息子さんがカンニングをしたんです。 これが息子さんの答案、それからこっちが隣の […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.547 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.547 ◆◇◆     遅刻  1.社長「お前20分も遅刻だ。何時から仕事かわかってるのか?」 「もちろん私が着いてからです。」 2.社長「お前また遅刻だな。」 「でも、その代わり […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.546 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.546 ◆◇◆ サムを診察したドクター曰く、 「よくこんなになるまでほっときましたね。 明日も診察に来てください」 「そんな!会社を休むわけにはいきません」 「あなたがいないと会社 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.545 ◆◇◆

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.545 ◆◇◆   ◆ IT があって企業がある 1.東京のタクシーに乗りますと、 ネット決済できるタクシーが増えて来ました。 それも明らかに2つのグループに分かれています。 大手 […]

◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.374 ◆◇◆

  ◆◇◆ 本郷孔洋のビジネスの眼 vol.374 ◆◇◆     知恵の効用   二人のラビが話していた。 「知恵と金と、どっちが大切だろうか?」 「もちろん、知恵にきまっている […]

制作協力企業

  • ACデザイン
  • 日本クラシックソムリエ協会
  • 草隆社
  •                 AOILO株式会社

Copyright(C) 2015 chishikinomori.com all rights reserved.